ミレニアム

振り飛車ミレニアム棋書・定跡書

「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」2020年3月発売

2020年3月末に、振り飛車でミレニアム囲いに組んで戦う戦術書「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」が発売されます。「ミレニアム囲い」(「トーチカ囲い」とも呼ばれています)は、従来居飛車VS振り飛車の対抗形で居飛車が採用する囲いです。このミレニアムを、振り飛車で採用する戦術を解説するのが本書です。

三間飛車藤井システムニュース

久保王将の三間飛車藤井システムVS渡辺棋王のトーチカ囲いに 王将戦第4局

2019年2月24日に開始した、第68期王将戦七番勝負第4局(二日制)、▲久保利明王将 対 △渡辺明棋王戦。三連敗で後がない久保利明王将は、この第4局で本シリーズ初の三間飛車を採用しました。具体的には、初手▲7八飛から角道を止めてノーマル三間飛車にし、その後三間飛車藤井システムの布陣に構えました。

NEWSニュース

杉本和陽四段、石田流と久保システムで連勝 叡王戦

第3期叡王戦、段位別予選の四段戦にて、杉本和陽四段が三間飛車を連続採用して連勝しました。横山大樹アマ戦では、序盤の駆け引きのすえ、先手石田流に(第1図)。石田直裕四段戦では、居玉のまま端歩を伸ばし、居飛車側の△3三角に対し▲3六歩(第2図)。「久保システム」と呼ばれる形を採用しました。