棋書・定跡書

本棋書・定跡書

「将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集」ひとくちレビュー

「将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集」のひとくちレビューをお送りします。三間飛車名局集は四間飛車名局集とともに、その年の優れた将棋観戦記、将棋関係の著作等に授与する賞「将棋ペンクラブ大賞」受賞作です。著者は石川陽生七段。「振り飛車党宣言〈2〉新感覚の三間飛車」の著者の一人としても知られています。

エルモ囲いノーマル三間飛車の棋書

将棋世界2020年3月号にエルモ急戦対策講座

将棋世界最新号「将棋世界 2020年3月号」に、エルモ囲い急戦対策の短期集中講座が掲載されています。2回の短期集中講座で、今回は「基礎編」となっています。来月号は「応用編」です。エルモ囲い急戦に悩まされている振り飛車党が多く、対策講座を載せてほしいという要望が将棋世界編集部に数多く届いているに違いありません。

本ノーマル三間飛車の棋書

「鈴木大介の将棋 三間飛車編」ひとくちレビュー

「鈴木大介の将棋 三間飛車編」のひとくちレビューをお送りします。この棋書は10年以上前に発売された棋書ですが、他の三間飛車の棋書にはあまり載っていない戦術・戦法を解説していてオリジナリティがあります。具体的には、後手番での△5三銀型三間飛車の戦術を解説しています。

BOOK石田流の棋書

「石田流破り 左美濃徹底ガイド」ひとくちレビュー

「石田流破り 左美濃徹底ガイド」のひとくちレビューをお送りします。まず、なぜ石田流対策本なのにレビューしているのかというと、石田流側の立場から読んでも非常に参考になる、内容充実の一冊だからです。石田流のいろいろな仕掛けや、うまく行くケース/行かないケースなどのノウハウを学ぶことができます。

本相振り飛車の棋書

三間党注目「角交換相振り飛車 徹底ガイド」2019年9月発売

2019年9月に、角交換するタイプの相振り飛車の棋書「角交換相振り飛車 徹底ガイド」が発売されることがわかりました。著者は、「相振り革命」シリーズなどの相振り飛車の棋書でおなじみの杉本昌隆八段です。最近では、杉本八段が順位戦C級1組で昇級した一方、弟子の藤井聡太七段が頭ハネで昇級を逃したことでも話題を集めました。

本ノーマル三間飛車の棋書

将棋世界2019年9月号(三間飛車特集号)ひとくちレビュー

先日発売された将棋世界2019年9月号にて、三間飛車の戦術特集が行われました。本号のひとくちレビューをお送りします。戦術特集のタイトルは、「下町発!粋でいなせな三間飛車ーいま、振り飛車のトレンドは三間だー」。師弟対談、トマホーク基本講座、次の一手の3つのチャプターで構成されています。