右四間飛車

エルモ囲い右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 あとがき エルモ囲い右四間飛車登場

「VS右四間かんたん講座 第1章・第1節 右四間飛車戦法とは?」にて、「2018年現在のノーマル三間飛車 対 右四間飛車の情勢は2003年当時と変化しておらず、ノーマル三間飛車が十分に戦えるという見解や、そもそも実戦例が乏しいという状況は変わっていません」と書きました。

右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 第3章・第3節 ▲9八角以下の構想 その3

第1図は、前々回の第2図(▲9八角と打った局面)以下本筋の③△3五歩としてきた局面です。△3五歩の意図は、角を3四に引けるようにすることにあります。こちらに引けば、先手の角は9八の位置から容易には動けず(△8九角成があるため)苦心するだろう、という狙いです。先手の次の一手は、優先的に指しておきたい一手です。

右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 第3章・第3節 ▲9八角以下の構想 その2

第1図は、前回の第2図(▲9八角と打った局面)以下②△7四歩としてきた局面。本筋の③△3五歩の変化のところで出てきますが、9八の角はこのあと▲8六歩〜▲7五歩と突いて角道を通すことで活きてきます。この▲7五歩を事前に防いでおこう、というのが②△7四歩の意図です。これに対しては強く戦います。

右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その10

前々回の第2図(飛車の頭に▲6三歩と歩を叩いた局面)から③△6三同飛として迎えた第1図。▲8二角があるので、先手の狙いに飛び込む△6三同飛はあり得なそうな手ですが、実は非常に手強い応手です。こうなったら先手としても引き下がるわけにはいきません。

右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その9

前回の第2図から、②△9二飛として迎えた第1図。①△8二飛のときに効果的だった▲7一銀(▲7一角)の絡みが空振りしてしまう②△9二飛。ですが、コンピュータ将棋ソフトに解析させると△9二飛の後△8二飛と振り戻そうとするくらいなので(笑)、恐れる必要はありません。

右四間飛車VS右四間かんたん講座

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その8

第1図は、その5の第2図から△3三銀と上がった局面です。先手陣を押し込んだことに満足して、後手が自陣に手を戻し壁銀を解消した一手で、とても価値の高い一手と言えます。また、場合によってはさらに△4四銀と上がって抑え込みを強化してくる展開も考えられ、先手はのんびりとはしていられません。