コンピュータ将棋ソフト

【2019年12月版】将棋ウォーズの三間飛車党トップ3まとめ

将棋ファンにおなじみのオンライン対局アプリ、将棋ウォーズ。この記事では、2019年12月時点における三間飛車関連の戦法別獲得段位ランキングトップ3をまとめました。強豪三間飛車党(CPU(コンピュータ将棋ソフト)も含まれています)の名前を覚えたり、指してみたい戦法の棋譜を調べたりするのにご活用ください。

ニュース

藤井猛九段、ノーマル三間飛車穴熊からの石田流組み換えを採用 王位戦

2019年11月22日に行われた第61期王位戦予選、▲藤井猛九段 対 △佐藤天彦九段(前名人)戦。先手番となった藤井九段は初手▲7八飛戦法を採用。その後角道オープンのまま駒組みを進めます。対する佐藤九段は角道を開けずに早々に左美濃へ。それを見た藤井九段は、逆に自身が美濃囲いではなく三間飛車穴熊を目指す趣向に出ました。

右四間飛車

VS右四間かんたん講座 第3章・第3節 ▲9八角以下の構想 その3

第1図は、前々回の第2図(▲9八角と打った局面)以下本筋の③△3五歩としてきた局面です。△3五歩の意図は、角を3四に引けるようにすることにあります。こちらに引けば、先手の角は9八の位置から容易には動けず(△8九角成があるため)苦心するだろう、という狙いです。先手の次の一手は、優先的に指しておきたい一手です。

ニュース

山崎八段、糸谷流右玉で杉本八段の三間飛車穴熊に勝利 棋聖戦

2019年11月6日に行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦二次予選、▲杉本昌隆八段 対 △山崎隆之八段戦。杉本昌隆八段は藤井聡太七段の師匠としておなじみの振り飛車党。有名な「相振り革命」シリーズをはじめ相振り飛車の棋書を数多くリリースしており、今夏には「角交換相振り飛車 徹底ガイド」をリリースしています。