石田流の基礎知識 きmきm金とは

きmきm金 石田流の基礎知識

ニコニコ発の石田流三間飛車対策

「きmきm金戦法」(「きもきも金」と呼びます)とは、石田流三間飛車対策の戦法のひとつで、左金がユニークな軌道で中段中央に進出していくのが特徴です(第1図)。

【第1図は14手目△5四金まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 銀 ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14 △5四金まで

ニコニコから生まれた戦法で、おなじみのオンライン将棋アプリ「将棋ウォーズ」の戦法コレクションにも入っています。

ニコニコ発、対石田流の決定版?

金は横に動けるんです。守りの金を中段に繰り出すことで、相手の陣形を撹乱する。終盤は、玉の薄さには気を付けること。

将棋AI

将棋ウォーズの戦法コレクションに菅井流三間飛車とトマホークが追加

まずは手堅く△3二金

きmきm金の組み方を説明します。

きmきm金は、主に先手石田流三間飛車対策として用いる戦法です。まず、石田流を目指す3手目▲7五歩に対し△3二金(第2図)と上がります。

【第2図は4手目△3二金まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=4 △3二金まで

これに対しダイレクトに▲7八飛とすると、△8八角成▲同銀△4五角(参考1図)があります。

【参考1図は8手目△4五角まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 銀 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=8 △4五角まで

▲7六角の切り返しは金が4三の地点を守っているので無効(△2七角成で後手良し)ですし、4手目△4二玉からの△4五角の変化の時に有効な▲5八玉~▲7四歩~▲5五角は、左金と左銀が手厚いのでうまくいきません。

乱戦

石田流VS4手目△4二玉・乱戦の定跡外し

よって先手は▲6八飛と途中下車して玉を3八まで移動(△2七角成を防御)してから▲7八飛と寄るか、▲6六歩と角道を止めてから▲7八飛と回るかのどちらかを選ぶことになります。本記事では後者として説明を続けます。

左金を3二→3三→4四→5四と進出

第2図以下、▲6六歩に対しさらに△3三金~△4四金!(第3図)と上がっていくのが本戦法の真骨頂です。

【第3図は8手目△4四金まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v金v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=8 △4四金まで

△3四歩と突いたあと、本来守りの駒である金を一目散に上げていくのは異質な、くだけた言い方をすれば「気持ち悪い」動きであり、これが本戦法が「きmきm金」と名付けられた所以です(「きもきも金」とせず表記を崩したのはネットスラング的な動機でしょうか)。

向かい飛車に

第3図以下、居飛車のまま玉を後手から見て左に移動していくのは、金が上ずっているので囲いがあまりにも薄すぎます(参考2図)。

【参考2図は12手目△3二玉まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v金v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 銀 ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=12 △3二玉まで

そのため相振り飛車にするのが理にかなっています。きmきm金では2筋に振って向かい飛車にします(第4図)。

【第4図は12手目△2二飛まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v金v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 銀 ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=12 △2二飛まで

3三に角がいて4四や5四に金が移動するので、3筋から5筋までの歩は伸ばしにくく、向かい飛車が最も相性がいいといえるでしょう。

「これも一局」の力戦型

再掲載の第1図。

【再掲載第1図は14手目△5四金まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 銀 ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14 △5四金まで

「こなたシステム」の場合、飛車・角・金の3枚で2七の地点を攻める棒金の速攻があります。

こなたシステム

相振り飛車の基礎知識 こなたシステムとは

一方、きmきm金で△5四金と寄らずに△3五金~△4四角と棒金を狙っても、低い陣形で対応されると受け止められてします。

速攻はないので持久戦になりますが、双方玉の囲い方から攻撃陣の組み方まで手が広いところ。個人的には「これも一局」の力戦形です(評価値的にも互角)。

石田流側から見て、きmきm金からの強襲はないので、初見でも十分対応できるのではないでしょうか。

相振り飛車は定跡が確立していないので、相手がきmきm金だろうと何だろうと、「センス」が求められる戦型です。