MENU
カテゴリー
相振り飛車の基礎知識 三間飛車VS四間飛車とは

将棋ウォーズの戦法コレクションに耀龍四間飛車と振り飛車ミレニアムが追加

目次

耀龍四間飛車、升田幸三賞受賞

2021年4月1日に、第48回将棋大賞受賞者が発表され、大橋貴洸六段の「耀龍四間飛車」(参考1図)が升田幸三賞を受賞しました。おめでとうございます。

【参考1図は△8四歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v銀v王v金v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・v歩v歩 ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 角 金 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| 香 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 王 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 △8四歩まで

大橋六段は、2018年4月22日に放送された第68回NHK杯1回戦、三浦弘行九段戦で、四間飛車金無双の布陣から玉頭を盛り上げて三浦九段の居飛車穴熊に勝利し、注目を集めました。

その後大橋六段は2020年4月に「耀龍四間飛車 美濃囲いから王様を一路ずらしてみたらビックリするほど勝てる陣形ができた」をリリースし、「耀龍四間飛車」の名前が定着しました。

現在ではほかのプロ棋士も追随する、人気戦法となっています。

とりわけ2020年11月9日に行われた第62期王位戦予選、▲渡辺明名人 対 △片上大輔七段戦にて、片上七段が耀龍四間飛車で渡辺名人の居飛車穴熊に勝利したのは鮮烈でした。

耀龍四間飛車、戦法コレクションに追加

一方、将棋ファンにおなじみのオンライン将棋対局アプリ「将棋ウォーズ」にて、2021年4月2日に新たに2つの戦法が戦法コレクションに追加になりました。

そのうちのひとつが、上述の耀龍四間飛車です。

耀龍四間飛車 獲得段位ランキング

納得の戦法コレクション入りでしょう。

振り飛車ミレニアムも

戦法コレクション入りしたもうひとつの戦法が、「振り飛車ミレニアム」です(参考2図)。

【参考2図は▲6五歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v王|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v銀v香|二
|v歩 ・v歩v歩v銀v金v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ 桂 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ ・ 銀 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 玉 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 ▲6五歩まで

振り飛車ミレニアム 獲得段位ランキング

振り飛車ミレニアムでとりわけ印象的だったのが、2020年の9月から10月にかけて行われた第68期王座戦五番勝負、永瀬拓矢王座 対 久保利明九段戦で、久保九段が四間飛車ミレニアムと三間飛車ミレニアムを採用したことでした。

あわせて読みたい
久保九段、永瀬王座の居飛車穴熊に三間飛車ミレニアムで対抗 王座戦 2020年9月24日、五番勝負の第3局が行われました。久保九段は第1局で四間飛車ミレニアム、第2局でゴキゲン中飛車を採用。そしてこの第3局で、ついに三間飛車を採用しました。角道を早々に止める、ノーマル三間飛車です。

2020年3月には本戦法の先駆者のひとりである村田顕弘六段による棋書「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」がリリースされました。

村田 顕弘 (著) 発売日:2020/3/24
あわせて読みたい
「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」2020年3月発売 2020年3月末に、振り飛車でミレニアム囲いに組んで戦う戦術書「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」が発売されます。「ミレニアム囲い」(「トーチカ囲い」とも呼ばれています)は、従来居飛車VS振り飛車の対抗形で居飛車が採用する囲いです。このミレニアムを、振り飛車で採用する戦術を解説するのが本書です。

こちらも納得の戦法コレクション入りでしょう。

同じ▲3八玉型(後手番のときは△7二玉型)から派生する2つの戦法が仲良く同時に戦法コレクション入りしたのは、とても良かったのではないかと思います。

将棋AIと共存しながら生まれる新戦法たち

将棋AI(コンピュータ将棋ソフト)の棋力が人間のそれを上回る時代となった今でも、将棋ソフトと共存しながら、こういった新しい戦法が誕生しているのはすばらしいことだと思います。

今後新たにどんな戦法が現れるか、将来も楽しみです。

関連記事

あわせて読みたい
将棋ウォーズの戦法コレクションに菅井流三間飛車とトマホークが追加 派手な演出でおなじみの将棋アプリ、「将棋ウォーズ」。決められた囲いや戦法の布陣を築いたり、手筋を放ったりすると、エフェクトが発動し、局後に「コレクション」としてマイページに追加されるのも楽しみのひとつです。最近、そのうちの「新戦法コレクション」に新たに8種類が追加になりました。

↑2018年秋ごろに追加になった戦法コレクションを紹介した記事です。

あわせて読みたい
将棋AIが示す三間飛車の新たな可能性(1)三間飛車ミレニアム編 2020年3月に、「「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」2020年3月発売」という記事を書きました。この記事の中で私は、三間飛車と振り飛車ミレニアムの相性について、要約すると以下のように書きました。
あわせて読みたい
将棋AIが示す三間飛車の新たな可能性(2)耀龍三間飛車編 将棋AIが示してくれる、三間飛車の新たな可能性。先日1つ目として、「三間飛車ミレニアム」を紹介しました。そしてもう1つは、今回紹介する「耀龍三間飛車」です(後述の通り、これは造語です)。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる