将棋世界2020年11月号で三間飛車特集

本 ノーマル三間飛車の棋書

渡辺明新名人誕生

将棋世界2020年9月号では「藤井聡太新棋聖誕生」、2020年10月号では「藤井聡太、王位獲得で最年少二冠&八段」が見出しになりました。

間もなく(2020年10月頭)発売になる将棋世界2020年11月号の見出しは、「渡辺明新名人誕生」です。名人戦を語る22ページのインタビューなどが掲載されます。

現代の三間飛車事情

この将棋世界2020年11月号では、三間飛車が戦術特集されます。タイトルは、「現代の三間飛車事情」です。

講師は石川優太四段。石川四段は昨年(2019年)四段昇段した若手三間飛車党で、相手が振り飛車党の場合は居飛車を採用する、対抗系を好む棋士でもあります。

白ビール

「三間飛車がすごく面白い」石川優太三段、四段昇段

ニュース

石川優太四段と西川和宏六段、千日手指し直しにおよぶ激闘 棋王戦

特集は、以下の2つのChapterで構成されています。

Capter1 講座「7筋速攻!三間飛車最新の戦い」持久戦には速く動いて主導権を握ろう

Capter2 好局鑑賞

石川四段はノーマル三間飛車党ですし、今の三間飛車戦法のトレンドからいっても3手目▲7五歩からの石田流ではなく早々に角道を止めるノーマル三間飛車の特集になっていることでしょう。

そして、「7筋速攻!三間飛車最新の戦い」という講座名から、居飛車穴熊や左美濃といった持久戦に対し、▲7五歩と突いて石田流組み換えや7筋からの仕掛けを狙う戦術の解説になることでしょう。

「好局鑑賞」では、石川四段自身の棋譜はもちろん、山本博志四段、西田拓也四段、西山朋佳奨励会三段らの棋譜が取り上げられるのではないでしょうか。

ノーマル三間飛車

山本博志四段のNHK杯、自戦記、そして三間飛車物語

手筋満載!三間飛車のエッセンス

また、付録でも三間飛車がフィーチャーされています。

タイトルは、「手筋満載!三間飛車のエッセンス」。講師は、今話題の「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」「対振り飛車の大革命 エルモ囲い急戦」など、多数の棋書をリリースしていることでもお馴染みの村田顕弘六段です。

振り飛車ミレニアム

「将棋革命!振り飛車ミレニアム戦法」2020年3月発売

エルモ囲い

「対振り飛車の大革命 エルモ囲い急戦」2019年4月発売

アマのための月刊B級ファン第6回「立石流四間飛車」

さらに、アマ強豪・美馬和夫さんによる連載「アマのための月刊B級ファン」の今回のテーマは「立石流四間飛車」(立石式石田流)となっています。

立石流

石田流の基礎知識 立石式石田流(立石流四間飛車)とは

こちらも三間飛車党にとって注目でしょう。