トマホーク

トマホークVS居飛穴&持久戦の基礎知識

VS居飛車穴熊の基礎知識 トマホークとは

「トマホーク」とは、5筋の歩を突いてない居飛車穴熊を相手に、ノーマル三間飛車▲6七銀型から左銀と端桂の進出を軸に強襲を仕掛ける、超攻撃的戦法です。アマチュア棋界でタップダイスさんがトマホークを解説した電子書籍(「トマホーク解体新書」など)をリリースしたことが主なきっかけとなり、その名が広まりました。

本ノーマル三間飛車の棋書

「三間飛車新時代」ひとくちレビュー

「三間飛車新時代」が、ものすごい勢いで売れているそうです。本記事では、この「三間飛車新時代」のひとくちレビューをお送りします。第1章「▲4六銀型石田流」(第1図)、第2章「急戦向かい飛車」(第2図)、第3章「三間飛車穴熊」が小倉久史七段の執筆。第4章「△5筋不突き穴熊 対 ▲トマホーク戦法」(第3図)、第5章「△5四歩型 対 ▲5六銀揺さぶり」、第6章「流行の△3一玉型左美濃」(第4図)が山本博志三段の執筆となります。

NEWSニュース

将棋情報局、山本博志三段のトマホーク 対 藤井聡太三段の棋譜を無料公開

将棋情報局のWebサイトにて、藤井聡太四段が三段リーグで山本博志三段と対戦したときの棋譜が公開されました。棋譜だけでなく、かんたんな解説も付いています。本局は山本博志三段が藤井聡太三段(当時)の居飛車穴熊を相手に「トマホーク」を採用し、華麗に攻め切って勝利した一局です。10月17日の「三間飛車新時代」発売直前に、思わぬサプライズです。

トマホークニュース

山本博志三段はトマホークで藤井聡太四段に勝利していた 第59回奨励会三段リーグ

将棋情報局にて、小倉久史七段と山本博志三段の共著「三間飛車新時代」の目次が公開されました。この記事では、トマホークの大まかな狙いと手順、そして成功図も紹介されています。この中で、山本三段が藤井聡太四段に勝った1局では、山本三段がトマホークを採用していたことが明らかになりました。

NEWSニュース

菅井竜也王位、独特の構想でトマホークを迎え撃つ 叡王戦

第3期叡王戦、菅井竜也王位 対 石川陽生七段戦。本局の棋譜は、叡王戦のサイトで観ることができます。石川七段は三間飛車を多用する振り飛車党大御所の1人。「振り飛車党宣言〈2〉」の著者、そして昨年発売の「将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集」100局の選局者兼解説者でもあります。振り飛車党同士の対局となった本局では、先手・菅井王位が3手目に▲2六歩と突き居飛車で行くことを明示したため、先手・菅井王位の居飛車 対 石川七段のノーマル三間飛車のオープニングとなりました。

本ノーマル三間飛車の棋書

「三間飛車新時代」2017年10月発売

2017年10月17日に、「三間飛車新時代」という戦術書が発売になることがわかりました。角道を止める、いわゆる「ノーマル三間飛車」からスタートする序盤からの戦法を解説しています。著者は、三間飛車党にはおなじみの「下町流三間飛車」で知られる小倉久史七段と、そのお弟子さんの山本博志三段です。