MENU
カテゴリー
松尾歩八段のセクシー三間飛車とセクシー四間飛車

久保九段、マッスルトマホークで豊島名人に挑むも敗北 王将戦

目次

王将戦挑戦者決定リーグ、進行中

藤井聡太七段以外は全員順位戦A級以上、という大注目の第69期王将戦挑戦者決定リーグが現在進行中です。
映像付きの中継を将棋プレミアムで、棋譜中継を将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます(有料)。



勝敗結果付きのリーグ表は、将棋プレミアムや日本将棋連盟のWebサイトで無料でチェック可能です。

久保利明九段のマッスルトマホーク

リーグ戦メンバーのうち唯一の振り飛車党が、言わずと知れた久保利明九段です。

9/18に行われた王将リーグの開幕局、▲久保九段 対 △豊島将之名人戦で、先手・久保九段は角道を止めるノーマル三間飛車を採用。

その後、居飛車穴熊を目指す豊島名人に対し、久保九段は玉の移動はそこそこに、2枚の銀を前線に繰り出していきました。

独創的な新構想、と思いきや、これは「さわやか流疾風三間飛車」(杉本和陽四段 著)や将棋世界2019年9月号で解説されている戦術で、将棋世界2019年9月号にて三間飛車党・山本博志四段が「マッスルトマホーク」と名付けています。

あわせて読みたい
「さわやか流疾風三間飛車」ひとくちレビュー 「さわやか流疾風三間飛車」(杉本和陽四段 著)のひとくちレビューをお送りします。杉本四段は、ゴキゲン中飛車も四間飛車も指す若手振り飛車党の一人ですが、初の著書は角道を止めるノーマル三間飛車の戦術書となりました。
あわせて読みたい
将棋世界2019年9月号(三間飛車特集号)ひとくちレビュー 先日発売された将棋世界2019年9月号にて、三間飛車の戦術特集が行われました。本号のひとくちレビューをお送りします。戦術特集のタイトルは、「下町発!粋でいなせな三間飛車ーいま、振り飛車のトレンドは三間だー」。師弟対談、トマホーク基本講座、次の一手の3つのチャプターで構成されています。

この大舞台でマッスルトマホークが現れるとは驚きです。

AI巧者・豊島名人の研究範囲か

本譜はこの後、左香をすでに上がっている形でありながら豊島名人は居飛車穴熊には組まず、左美濃へ。

藤井システムなどの猛攻を避けるため居飛車穴熊をあきらめる場合、昔は玉を2二から単に3二に戻して船囲いにするのが普通でしたが、今は左銀立ちを入れてから玉を戻して左美濃にするのが面白いところです。

一見妥協したように見えますが、おそらく豊島名人の研究範囲でしょう。そもそも事前に5筋の歩を突いておけばトマホークを避けられたところを、あえて突かずに駒組みを進めている時点で、誘いの隙といえます。

豊島名人は以前にも佐藤和俊六段とのNHK杯戦で、佐藤和六段の三間飛車藤井システムに対し居飛車穴熊に組むと見せかけて左美濃から銀冠に囲う戦術を披露しています。

あわせて読みたい
隙がない豊島将之八段、佐藤和俊六段の三間飛車藤井システムを寄せ付けず NHK杯 第67回NHK杯テレビ将棋トーナメント3回戦、豊島将之八段 対 佐藤和俊六段戦は、佐藤六段が後手になった時点で想定された通り、居飛車 対 三間飛車藤井システム(久保システム)の戦いとなりました(第1図)。前期のNHK杯にて、後手番でこの三間飛車藤井システムを駆使して準優勝した佐藤六段。今期、シード抜け後の初戦となった2回戦、宮田敦史六段戦では先手だったため、先手中飛車を採用して勝利。そして続く本局にて、現在その勝ちっぷりからタイトル無冠ながら棋界最強との呼び声高い豊島八段相手に、三間飛車藤井システムをぶつけました。

穴熊を高評価しないことで知られるコンピュータ将棋ソフトに本局面を解析させると、やはり穴熊には向かわず左美濃に組み換えるのかもしれません。本譜の進行は、ソフトを活用し研究する豊島名人にとっては、異筋でもなんでもなく、自然な構想のうちの1つなのでしょう。

ちなみにこの組み換えは、ソフト研究に比較的距離を置いているであろう菅井竜也七段らも指しており、豊島名人の専売特許というわけではありませんのであしからず。

あわせて読みたい
菅井竜也王位、独特の構想でトマホークを迎え撃つ 叡王戦 第3期叡王戦、菅井竜也王位 対 石川陽生七段戦。本局の棋譜は、叡王戦のサイトで観ることができます。石川七段は三間飛車を多用する振り飛車党大御所の1人。「振り飛車党宣言〈2〉」の著者、そして昨年発売の「将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集」100局の選局者兼解説者でもあります。振り飛車党同士の対局となった本局では、先手・菅井王位が3手目に▲2六歩と突き居飛車で行くことを明示したため、先手・菅井王位の居飛車 対 石川七段のノーマル三間飛車のオープニングとなりました。

豊島名人、王将リーグ開幕局を制す

本譜はこの後、中盤のねじり合いで優位に立った豊島名人がそのまま押し切って危なげなく勝利。王将リーグの開幕局を制しました。

10月11日時点で、まだ対局のない羽生善治九段を除くと早くも全勝者がいなくなった王将リーグ。今後の戦いからも目が離せません。

参考:評価値グラフ


※棋譜解析エンジン / 評価関数:
 YaneuraOu NNUE 4.88 / 振電改

関連記事

あわせて読みたい
VS居飛車穴熊の基礎知識 トマホークとは 「トマホーク」とは、5筋の歩を突いてない居飛車穴熊を相手に、ノーマル三間飛車▲6七銀型から左銀と端桂の進出を軸に強襲を仕掛ける、超攻撃的戦法です。アマチュア棋界でタップダイスさんがトマホークを解説した電子書籍(「トマホーク解体新書」など)をリリースしたことが主なきっかけとなり、その名が広まりました。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる