千田翔太七段オススメの振り飛車党コンピュータ将棋ソフトとは?

コンピュータ将棋ソフト コンピュータ将棋ソフト

千田翔太七段、朝日杯優勝

2020年2月11日に行われた第13回朝日杯将棋オープン戦・本戦トーナメントにて、千田翔太七段が準決勝で藤井聡太七段、決勝で永瀬拓矢二冠(叡王・王座)に勝利し、初優勝を飾りました。おめでとうございます。

2015年度の第65回NHK杯テレビ将棋トーナメントで準優勝、2016年度の第2期叡王戦で準優勝など、「シルバーコレクター」という本人にとってあまり嬉しくないであろう呼び名が付きまとっていただけに、嬉しい優勝だったに違いありません。

千田七段はコンピュータ将棋ソフト(AI)に造詣が深く、プロ棋界で最も早くソフトを研究に取り入れた棋士のひとりです。

コンピュータ将棋ソフト開発関係者の間でも絶大な人気を誇っています。そのため、今回の優勝には将棋ソフト開発者の方々からも数多くの祝福のコメントが寄せられていました。

千田七段オススメの振り飛車党コンピュータ将棋ソフト

そんな千田七段が、優勝から数日後の2020年2月16日に行われた第45期棋王戦五番勝負第2局、▲本田奎五段 対 △渡辺明棋王(王将・棋聖)戦のニコニコ生放送での中継に、解説者として登場しました。

その中で、以下のような発言があったそうです。

本ブログとして注目したいのは、やはり振り飛車のところです。

振り飛車評価関数・振電

「振電」とは、たややんさんが開発した振り飛車評価関数です。現在はその後継の「振電改」が公開されています。

コンピュータ将棋ソフト

WCSC29第7位の水匠の兄弟、振り飛車党・振電登場

2019年6月20日

本ブログでたまに評価値グラフを載せていますが、棋譜解析には振電改を用いています(2020年2月現在)。

昇級・昇段

菅井七段、斎藤七段との相穴熊戦を制しA級昇級&八段昇段 順位戦

2020年1月24日

振り飛車定跡・HoneyWaffle

「HoneyWaffle」とは、渡辺光彦さんが開発している振り飛車定跡ファイル(Book)です。

インタビュー

文春オンラインにハニーワッフル開発者のインタビュー記事

2019年11月2日

本ブログでは2018年から注目しており、WCSC28、WCSC29での戦いぶりを解説しています。

コンピュータ将棋ソフト

WCSC29 振り飛車党・HoneyWaffle、勝ち越すも二次予選敗退

2019年5月7日
将棋AI

WCSC28 振り飛車党・HoneyWaffle、三間飛車を多用し8位に【二次予選編】

2018年5月9日

難解な用語とインストール方法

引用コメントの通り、千田翔太七段は「振り飛車党には振電をお勧めします 導入も用意なので」とコメントしていますが、実際のところ、コンピュータやプログラミングに慣れていない人には難解極まりない作業でしょう。そもそも「評価関数」や「定跡ファイル」って何?というところから前に進めないかもしれません。

まずは以下のページを読んで、コンピュータ将棋用語に慣れておくとよいでしょう。ググって色々調べてみるのももちろん有効です。

コンピュータ将棋用語集 | コンピュータ将棋 レーティング

その後、もしコンピュータ将棋ソフトの導入に挑戦してみようと思ったら、以下のページがオススメのひとつです。

やねうら王系ソフトリンクとインストール法 | コンピュータ将棋 レーティング

いずれもuuunuuunさんのWebサイト「コンピュータ将棋 レーティング」内の記事です。

実際私はuuunuuunさんのサイトでコンピュータ将棋ソフト導入について学び始めたと記憶しています。そこからステップアップしていき最終的にMacへの導入に成功しました。

くれぐれも自己責任でお願いします。