MENU
「さくさく三択で学ぶ AI三間飛車の新定跡」ひとくちレビュー

藤井猛九段、後手番猫だまし戦法を初採用

龍
目次

藤井聡太三冠、竜王を奪取し四冠に

2021年11月12日・13日に行われた第34期竜王戦七番勝負第4局、▲豊島将之竜王 対 △藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖)戦にて、藤井三冠が超難解な終盤戦を制し、無傷の4連勝で竜王を奪取しました。おめでとうございます。

これで8大タイトルの半数を占める「藤井四冠」が誕生しました。一方破れて無冠となった豊島九段。「四強」時代の終焉と言えるかもしれません。

藤井猛九段(竜王3期)インタビュー

藤井聡太竜王(四冠)誕生を受けて、縁のある棋士や関係者がインタビューを受けていますが、藤井猛九段もその一人(過去に竜王位に就いた棋士として)。言わずとしれた「藤井システム」(参考1図)の創始者で、竜王3期の輝かしい実績を誇ります。

【参考1図は25手目▲3七桂まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 ・ 桂 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=25 ▲3七桂まで

重要なのは動機があるかどうかなんです。私は新戦法を編み出したくて藤井システムを指したわけではないです。勝つために、必要性があって考えたので。

相手に勝つためにはどうすればいいのか、という思想で指してきたので、コンピュータ的な強さは求めないです。将棋星人が攻めてきたら対応できないのが私です。

などなど、名言・至言多数の面白いインタビューとなっています。

「勝つために」編み出された新戦法

藤井九段といえば藤井システム、そして角交換四間飛車(参考2図)に代表される四間飛車の大家。

【参考2図は7手目▲6八飛まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 銀 飛 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=7 ▲6八飛まで

ですが、それだけでは相手に的を絞られるので戦いにくく勝ちにくい面があります。

前述のインタビューの通り、「勝つために」それ以外の戦法・戦術を試行錯誤し研究しているのは間違いありません。相矢倉での藤井流早囲い(参考3図)もその一つです。

【参考3図は33手目▲6八金まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v玉 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v角v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 角 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=33 ▲6八金まで

後手番猫だまし戦法を初採用

そして研究のさらなる一端が垣間見れたのが、2021年11月5日に行われた第93期ヒューリック杯棋聖戦二次予選、▲佐々木慎七段 対 △藤井猛九段戦。振り飛車党の佐々木七段に対し、藤井九段は後手番猫だまし戦法をはじめて採用しました。

2019年には先手番猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)を初採用していた藤井九段。約2年半の時を経て、今度は後手番での初採用となりました。

藤井九段、勝利

端歩の駆け引き次第では相振り飛車になることも考えられた本局でしたが、結果的に佐々木七段の居飛車+端歩突き越し銀冠VS藤井九段の石田流+ダイヤモンド美濃の戦型となりました。

佐々木七段が居飛車急戦で挑んでいたら藤井九段がどう対応していたのかも興味深いところでした。楽しみは次局以降に取っておきます。

本譜は中盤の折衝の末優勢となった藤井九段がそのまま勝利。おめでとうございます。今後の藤井九段の戦型選択にも注目です。

参考:評価値グラフ

※棋譜解析エンジン / 評価関数:
 YaneuraOu NNUE 6.00 / 騨奎紫(たけし)

この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる