MENU
カテゴリー
将棋連盟ライブ中継アプリが勝率とAI形勢グラフ表示に対応

里見香奈女流五冠、新・菅井流で初戦勝利 清麗戦

目次

新タイトル

2019年8月3日に行われた第1期ヒューリック杯清麗(せいれい)戦五番勝負第1局、▲甲斐智美女流五段 対 △里見香奈女流五冠戦。

本局の棋譜と詳しい解説は、清麗戦のWebサイトで観ることができます。


ヒューリック杯清麗戦は、今年度スタートした新たな女流タイトル戦です。予選と本戦を勝ち抜いた里見女流五冠と甲斐女流五段による五番勝負の勝者が、栄えある初代清麗の座に輝きます(「精霊」と勘違いされそうな呼び名です)。

新・菅井流

本局で後手番となった里見女流五冠は、角交換しない△3三金型三間飛車を採用しました(第1図)。

【第1図は10手目△3三金まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v金v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=10 △3三金まで

△3三金型三間飛車について振り返ると、2017年8月に行われた第58期王位戦七番勝負第5局にて、菅井竜也七段が角交換するタイプの△3三金型三間飛車(参考1図)で羽生善治三冠(当時)に勝利して王位を初戴冠したことで、大いに注目を浴びました。

【参考1図は10手目△3二飛まで】
後手の持駒:角 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v金v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 王 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=10 △3二飛まで
あわせて読みたい
菅井七段、新構想「阪田流三間飛車」を初披露 第58期王位戦第5局 新たなうっかり三間飛車 第58期王位戦第5局、羽生善治三冠 対 菅井竜也七段戦。菅井七段がまたまたやってくれました。阪田流向かい飛車ならぬ、「阪田流三間飛車」です(第1図)。といってもこの名称はジョークです。△3三金型で三間飛車にしているため、一見「阪田流三間飛車」という名称はしっくりきますが、阪田三吉はこんな構想を見せたことはありません。

その後、この角交換するタイプの△3三金型三間飛車は「菅井流三間飛車」の名で将棋ウォーズの戦法コレクションに加わりました。

あわせて読みたい
将棋ウォーズの戦法コレクションに菅井流三間飛車とトマホークが追加 派手な演出でおなじみの将棋アプリ、「将棋ウォーズ」。決められた囲いや戦法の布陣を築いたり、手筋を放ったりすると、エフェクトが発動し、局後に「コレクション」としてマイページに追加されるのも楽しみのひとつです。最近、そのうちの「新戦法コレクション」に新たに8種類が追加になりました。

つい先月には、この戦法を初めて解説した「△3三金型振り飛車 徹底ガイド」(安用寺孝功六段 著)も発売されています(角交換しない△3三金型三間飛車は解説されていません)。

あわせて読みたい
「△3三金型振り飛車 徹底ガイド」2019年7月発売 阪田流と菅井流を解説 2019年7月24日に、阪田流向かい飛車と菅井流三間飛車(阪田流三間飛車とも呼ばれています)を解説する「△3三金型振り飛車 徹底ガイド」が発売されることがわかりました。著者は安用寺孝功六段です。

そして2019年5月31日に行われた第32期竜王戦4組決勝、▲藤井聡太七段 対 △菅井竜也七段戦にて、菅井七段が今度は角交換しない新たな△3三金型三間飛車を初披露し、終盤まで菅井七段が優勢に進めたものの、最後の最後で藤井七段が辛くも千日手に逃れました。

あわせて読みたい
菅井七段、藤井聡太七段戦で新たな△3三金型三間飛車を初披露 竜王戦 第32期竜王戦4組決勝、▲藤井聡太七段 対 △菅井竜也七段戦。予選優勝がかかっているのはもちろん、勝った方だけが決勝トーナメントに進出できる大一番です。その大一番で、後手番となった菅井七段が採用した作戦は、まさかの4手目△3二飛戦法でした。

なお、千日手指し直し局に勝利し決勝トーナメントに進んだ藤井七段ですが、さらに2つ勝ち進むも豊島将之名人にその行く手を阻まれ、そしてつい先日8月2日にその豊島名人が渡辺明三冠に勝利し竜王戦挑戦者決定三番勝負に駒を進めたのは記憶に新しいところです。

この角交換しない新たな△3三金型三間飛車はその後、里見女流五冠が2019年6月28日に行われた第91期ヒューリック杯棋聖戦一次予選、▲都成竜馬五段 対 △里見香奈女流五冠戦で採用して勝利したことでも話題を集めました。

すでに定跡化されたと言っても過言ではないこの角交換しない△3三金型三間飛車ですが、石田流に対する「新・石田流」(鈴木大介九段が考案し、第32回(2005年)升田幸三賞を受賞した新たな石田流)と同様のパターンで、「新・菅井流」と名付けてしまって良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい
石田流の基礎知識 新・石田流とは 「新・石田流」とは、鈴木大介八段が考案した7手目▲7四歩からの一連の新構想に付けられた呼び名です。「鈴木新手」や「鈴木流急戦」とも呼ばれます。第32回(2005年)升田幸三賞に輝きました。

イナズマ流の寄せ

本譜に戻って、新・菅井流の狙い通り△3四金から△2五桂で2五の歩をかすめ取って一歩得した後手・里見女流五冠に対し、先手・甲斐女流五段は初期の立石式石田流(立石流四間飛車)対策のような伸び伸びとした囲いに構えました(今風に言えば玉頭位取り左雁木でしょうか)。

その後、里見女流五冠は甲斐女流五段の仕掛けを切り返し△4五金から左金をさばき、飛車と左桂も見事にさばきながらと金も作って優位に立ちます。終盤、△2九竜!という目の覚めるようなイナズマ流の寄せも炸裂させ、五番勝負の初戦を制しました。

今後のタイトル戦の行方と戦型選択に引き続き注目したいと思います。

参考:評価値グラフ


※棋譜解析エンジン / 評価関数:
 YaneuraOu NNUE 4.88 / 振電改

関連記事

あわせて読みたい
角交換三間飛車の基礎知識 菅井流三間飛車とは 「菅井流三間飛車」とは、△3三金型の角交換三間飛車です。初手から▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△3二金▲3三角成△同金と進む、阪田流向かい飛車を思わせる出だしから、飛車を2二ではなくまさかの3二に移動します。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる