MENU
ノーマル三間飛車△2二飛型対策「へなちょこ持久戦」とは?

第2回電竜戦 GCT連覇 QhapaqがTAKESHI賞を連続受賞

目次

GCT、連覇

2021年11月21日から22日にかけて行われた第2回世界将棋AI電竜戦。

2日目、最上位のA級リーグにて、GCTが13勝5敗の成績で優勝しました。GCTは第1回に続く連覇です。おめでとうございます。

なお、dlshogiが準優勝、ふかうら王が第3位、二番絞りが第4位と、Deep Learning勢が上位を占める結果となったのが特徴的でした。

Qhapaq、TAKESHI賞連続受賞

そしてTAKESHI賞にはQhapaq Pretty Daabi(QPD)が輝きました(選者は私です)。おめでとうございます。

なお、Qhapaqは独創賞も獲得しており、ダブル受賞です。

QPDの評価関数と教示データがさっそく公開されています。

参考:第1回電竜戦の記事

振り飛車ソフトはA級リーグに残れず

今大会ではQhapaqとGod_flygoooonが振り飛車を多用していましたが、上位勢の壁は厚く、いずれも2日目はA級リーグではなくB級で戦うことに。最終的に、QhapaqがB級5位、 God_flygoooonがB級7位という成績となりました。

とにかく上位勢の壁が厚かった・・・。

参考棋譜

個人的に興味深かった、上位勢の対抗系の棋譜を、Twitterのツイートを介して紹介しておきます。ツイート内に棋譜へのリンクも付いています。

【予選リーグ】 1回戦☗dlshogi-☖Qhapaq Pretty Daabi

【予選リーグ】 3回戦☗BURNING BRIDGES-☖God_flygoooon

【予選リーグ】 5回戦☗God_flygoooon-☖GCT電竜

【予選リーグ】 6回戦☗God_flygoooon-☖ふかうら王

【予選リーグ】 7回戦☗God_flygoooon-☖Grampus

関連記事

この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる