MENU
カテゴリー
相振り飛車の基礎知識 三間飛車VS四間飛車とは

スポーツ報知に山本博志四段のインタビュー記事

目次

「通用しなかったら死ぬだけだ」

スポーツ報知のWebサイトに、山本博志四段のインタビュー記事が掲載されました。

四段昇段直後を除き、プロ公式戦デビューを果たしていない新四段が取り上げられるのは珍しいのではないでしょうか。

もちろんそれには理由があります。それはご存知の通り、山本四段が今のプロ棋界では非常に珍しい、生粋の三間飛車党であることです。

エピソード満載

インタビューは、奨励会時代の2度の降級にまつわる話、目標とする藤井猛九段の話、三段リーグで藤井聡太三段(当時)にトマホークで勝利した話、師匠・小倉久史七段(中田功七段と並ぶ三間飛車党のレジェンドの一人)の話など、エピソード満載です。山本四段ファンや振り飛車党の方はぜひ読んでみてください。

記事の最後の文章を引用させていただきます。

夢はタイトル。「まだまだ大きなことは言えませんけど、藤井猛先生を目標にしていきたい」。山本システム、山本流―。数年後の将棋界には、新たな独創家が生まれているかもしれない。

このような大活躍を期待して待ちたいと思います。まずはこの囲いに山本四段の名前が入るところからでしょうか。

昇段直後も記事に

ちなみに、四段昇段直後に山本新四段を取り上げた記事もあります。こちらも昇段直前の話などエピソード満載で必見です。

関連記事

あわせて読みたい
山本博志三段、四段昇段 奨励会三段リーグ 昨年の「三間飛車新時代」(小倉久史七段と山本博志三段の共著)リリースの頃から、本ブログで注目し何度か紹介してきた山本博志三段。この山本三段が、第63回奨励会三段リーグで13勝5敗の成績をあげ、四段に昇段しました。
あわせて読みたい
将棋情報局、山本博志三段のトマホーク 対 藤井聡太三段の棋譜を無料公開 将棋情報局のWebサイトにて、藤井聡太四段が三段リーグで山本博志三段と対戦したときの棋譜が公開されました。棋譜だけでなく、かんたんな解説も付いています。本局は山本博志三段が藤井聡太三段(当時)の居飛車穴熊を相手に「トマホーク」を採用し、華麗に攻め切って勝利した一局です。10月17日の「三間飛車新時代」発売直前に、思わぬサプライズです。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる