MENU
カテゴリー
相振り飛車の基礎知識 三間飛車VS四間飛車とは

山本博志四段、相振り三間飛車でデビュー戦快勝 棋王戦

目次

山本博志四段、クリスマスにデビュー戦

2018年12月25日、山本博志新四段が第45期棋王戦予選でプロ入り後の初戦を迎えました。

なお2年前のクリスマスイブ(12月24日)には藤井聡太四段(当時)が加藤一二三九段とデビュー戦を戦っており、秋にプロ入りが決まったプロ棋士の先生方がこの時期にデビュー戦を迎えるのはさほど変わったことではありません。

棋譜と詳しい解説は、将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます。

気合のこもった初手▲7八飛

先手番となった山本四段の初手は、▲7八飛。記念すべき初戦で先手番をにぎり、最も指したかったであろう初手を指せたのは気分が良かったでしょうし、気合が入ったことでしょう。

相手は高田尚平七段。対振り飛車の左玉戦法の著書「高田流新感覚振り飛車破り」などで知られるオールラウンダーで、高田流左玉が見られるかと思いましたが、結果的にベーシックな向かい飛車を選択し、普通の相振り飛車戦になりました(第1図)。

【第1図は21手目▲5八金左まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v角 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ 銀 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 王 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=21 ▲5八金左まで

快勝

第1図以下、高田七段は△4五歩。玉を囲う前に角交換を迫る、大胆な一手です。しかし以降の展開を見るに、やりすぎだったのかもしれません。山本四段は角交換から▲7四歩(取ると▲5五角の狙い)とし、以下大駒と左桂だけで手を作り、そのまま自玉の美濃囲いが手付かずのまま勝利してしまいました。

12月26日追記:感想戦コメント追加

対局後、上述の棋譜中継に、感想戦のコメントが追記されました。また投了図のコメント欄に、一局を振り返った山本四段のインタビューが追記されました。やはり先手番を引き初手▲7八飛を指せたのはとてもうれしかったとのこと。後手番ならば2手目△3二飛を準備していたそうです。

さらに山本四段がTwitterで一局を振り返ってつぶやいてくれています。一方的に見えて実は難しい変化が潜んでいたようです。

(追記ここまで)

最高のクリスマスプレゼント

月並みですが、クリスマスでのデビュー戦勝利は、山本四段にとって最高のクリスマスプレゼントとなったことでしょう。それはアマチュア三間飛車党にとっても同様です。

棋王戦予選の次戦の相手は丸山忠久九段。さっそく羽生世代の超強豪との対局を迎えましたが、アマチュアファンがまだ知らない、山本四段らしさを発揮した好局を期待したいと思います。

山本四段のインタビュー記事

なお本日、日本将棋連盟のWebサイトに山本四段のインタビュー記事(前編)が掲載されました。こちらも必見です。

関連記事

あわせて読みたい
山本博志三段、四段昇段 奨励会三段リーグ 昨年の「三間飛車新時代」(小倉久史七段と山本博志三段の共著)リリースの頃から、本ブログで注目し何度か紹介してきた山本博志三段。この山本三段が、第63回奨励会三段リーグで13勝5敗の成績をあげ、四段に昇段しました。
あわせて読みたい
「三間飛車新時代」ひとくちレビュー 「三間飛車新時代」が、ものすごい勢いで売れているそうです。本記事では、この「三間飛車新時代」のひとくちレビューをお送りします。第1章「▲4六銀型石田流」(第1図)、第2章「急戦向かい飛車」(第2図)、第3章「三間飛車穴熊」が小倉久史七段の執筆。第4章「△5筋不突き穴熊 対 ▲トマホーク戦法」(第3図)、第5章「△5四歩型 対 ▲5六銀揺さぶり」、第6章「流行の△3一玉型左美濃」(第4図)が山本博志三段の執筆となります。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる