Hefeweizenの三間飛車(8)ソフトの飯島流引き角戦法対策

白ビール コンピュータ将棋ソフト

WCSC30、開催中止

既報の通り、第30回世界コンピュータ将棋選手権(WCSC30)が開催中止になりました。

コンピュータ将棋ソフト

第30回世界コンピュータ将棋選手権、開催中止

しかし、代わりに開催される世界コンピュータ将棋オンライン大会にほぼすべてのチームが参加する見込みのようで、大会規模は小さくなるもののほっと一安心といったところです。

優勝候補・Hefeweizen-2020

世界コンピュータ将棋オンライン大会の優勝候補のひとつは、WCSC28で優勝しWCSC29でも準優勝したBarrel houseチームでしょう。

今年のプログラム名は「Hefeweizen-2020」だそうです。

Hefeweizen−2020はおそらく例年通り居飛車党でしょう。

名前をWCSC29のときの「Kristallweizen」からWCSC28のときの「Hefeweizen」に戻したのは、ゲン担ぎの意味もあったのかもしれません。

Hefeweizenの引き角戦法対策

Hefeweizenは振り飛車党として将棋倶楽部24に2018年から常駐しています。

最近はその主戦場を東京道場から大阪道場に移したようです。

本記事では、Hefeweizenの三間飛車が飯島流引き角戦法と対峙したときの対局を2局紹介します。

「飯島流引き角戦法」は、飯島栄治七段が研究し大きく発展させた戦法で、角道を開けずに引き角(△3一角)にし、△5三角(または△6四角)としてから左美濃に囲う戦法です(参考1図)。

【参考1図は△3一玉まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v王v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 △3一玉まで
飯島流引き角戦法

VS持久戦の基礎知識 飯島流引き角戦法とは

飯島流引き角戦法を解説する棋書は、飯島七段自身による著書堅陣で勝つ!飯島流引き角戦法 Finalをはじめ何冊かありますが、三間飛車目線で飯島流対策を解説するの棋書は私の知る限りありません。

このような場合、コンピュータ将棋ソフトが用いている対策を調べてみるのが有効な手段のひとつです。

ノーマル三間飛車VS引き角戦法

一局目は石田流にしないノーマル三間飛車で飯島流引き角戦法を迎え撃つ戦術です(第1図)。

【第1図は△2二玉まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v銀v王 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ 飛 銀 ・ ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=20 △2二王 まで

後手玉が3一から2二に上がったため、△8六歩▲同歩△同角▲同角△同飛▲7五角!の王手飛車の反撃が効かなくなった第1図。

先手のHefeweizenが、引き角戦法に対し▲3八玉ではなく▲3八銀〜▲3九玉の手順で美濃囲いに組みに行っているのが変わっているところ。第1図から先手がぼーっとしている(例えば▲5八金左)と、△8六歩▲同歩△同角▲8八飛△8七歩!▲同飛(飛車を逃げても先手不利)△7五角!(参考2図。王手)▲同歩△8七飛成の筋があり危険です。

【参考2図は△7五角まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v銀v王 ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 飛 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 銀 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=28 △7五角 まで

角道オープン型(▲6七歩型)で4八や3九に玉がいるとこの筋を食らう危険性があるので、我々人類は▲3八玉から玉を囲ったほうが無難だと思います。

本譜に戻って、第1図以下▲5七銀や▲2八玉もあったかと思います(評価値的にも問題なし)が、Hefeweizenは驚くほど無難な▲8八飛を選択しました。

以下、しばらく進んで第2図。

【第2図は△4四歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v銀v銀v王 ・|二
|v歩 ・v桂v歩 ・ ・v歩v歩v歩|三
| ・ ・v歩v角v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ 飛 ・ 角 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36 △4四歩 まで

第2図以下の指し手
▲7五歩  △同 歩
▲7八飛  △7一飛
▲7九飛  (第3図)

【第3図は▲7九飛まで】
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v飛 ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v銀v銀v王 ・|二
|v歩 ・v桂v歩 ・ ・v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・v角v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=41 ▲7九飛 まで

後手の△7一飛は、▲7五銀に対し△7七歩▲同飛△6五桂のカウンターを見せたこの局面での最善手(我が家のソフト調べ)ですが、▲7九飛がそのカウンターを未然に防いだ好手です。

第3図以下の指し手
      △5三角
▲7五銀  △6五桂
▲7四銀  △8六歩
▲同 歩  △7七歩
▲7三歩  △8一飛
▲8五歩  (第4図)

【第4図は▲8五歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v銀v銀v王 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v角 ・v歩v歩v歩|三
| ・ ・ 銀 ・v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ 歩 ・v桂 ・ ・ ・ ・ 歩|五
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・v歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=51 ▲8五歩 まで

後手も角当たりを未然に防ぐ△5三角と技を見せましたが、Hefeweizenは構わず▲7五銀。

△7七歩のところで△8八歩と打たれたとしても、▲7三歩△8九歩成▲同飛で、先に桂損するものの後手は歩切れ+押さえ込み成功+▲6六歩から桂を取り返せる、などの理由から先手優勢です(約+1000点)。裏を返せばあらかじめその形勢判断ができないと、△8八歩を恐れて▲7九飛や銀の突進には踏み込めない、とも言えます。

本譜も押さえ込みが成功し、後手は戦意喪失してここで投了となりました。

▲6六銀型石田流VS引き角戦法

続いては、Hefeweizenが石田流に組んだケースです。

飯島流引き角戦法に対し、角道オープン型から▲6六銀型石田流を目指すのは、有力な引き角戦法対策のうちのひとつ。▲7五歩(第5図)が石田流への第一歩です。

【第5図は▲7五歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v王v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・v角v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=21 ▲7五歩 まで

以下、しばらく進んで第6図。

【第6図は△2三銀まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・ ・v王 ・|二
| ・ ・v歩v銀v角v歩v歩v銀 ・|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩v歩|四
|v歩v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 飛 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 桂 歩 ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=42 △2三銀 まで

後手が囲いを銀冠に発展させようとして隙を見せたタイミングで、Hefeweizenは仕掛けていきました。

第6図以下の指し手
▲5五歩  △3二金
▲5四歩  △同 銀
▲9六歩! △同 歩
▲9三歩  (第7図)

【第7図は▲9三歩まで】
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金v王 ・|二
| 歩 ・v歩 ・v角v歩v歩v銀 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・ ・v歩v歩|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ 飛 銀 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=49 ▲9三歩 まで

5筋で一歩入手したあと、端から仕掛けていきました。一歩で手になるのかと思ってしまいますが、ここからHefeweizenのうまい攻めが続きます。

第7図以下の指し手
      △9三同香
▲9六香  △9五歩
▲7四歩  △8三飛
▲7五銀  △9六歩
▲8四銀  (第8図)

【第8図は▲8四銀まで】
後手の持駒:香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v王 ・|二
|v香v飛v歩 ・v角v歩v歩v銀 ・|三
| ・ 銀 歩v歩v銀 ・ ・v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ 飛 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 銀 玉 ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=57 ▲8四銀 まで

9三に香を呼び込んでから▲9六香でふたたび歩を入手。△9六同香は▲同飛で先手良しなので△9五歩ですが、ここで▲7四歩を決行。

△7四同歩は▲9四歩△同香▲7四飛が見えるので△8三飛としましたが、これで形勢が一気に先手良しに傾きました。以下▲7五銀〜▲8四銀の銀のドリブルが、角の利きを活かした気持ちの良い手順です(先手の約+2000点)。

▲7四歩には単に△同歩のほうが悪いながらもまさっており、以下▲9四歩に△7五歩!▲同飛(▲同銀は△9四歩)△6五歩!(参考3図)で先手の+700点程度でした。

【参考3図はまで】
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金v王 ・|二
|v香 ・ ・ ・v角v歩v歩v銀 ・|三
| 歩 ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩v歩|四
|v歩v歩 飛v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 香 ・ ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 金 ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 角 銀 玉 ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=58 △6五歩 まで

このような手順は居飛車の切り返し手順として覚えておきたいところです。