Hefeweizenの実戦次の一手(2)石田流VS鳥刺し棒金

白ビール コンピュータ将棋ソフト

先手石田流VS鳥刺し棒金

(参照サイト:将棋倶楽部24)

Hefeweizenの先手石田流に対し、後手が角道を開けずに引き角にする鳥刺し戦法を採用し、さらに右金を繰り出し棒金戦法と組み合わせてきた第1図。
第1図

白ビール

Hefeweizenの三間飛車(7)鳥刺しに刺されないさばき

棒金

石田流の基礎知識 棒金とは

7五の地点への双方の駒の利きがすごいことになっています。

棒金の狙い筋に対する切り返しとは?

そして第1図以下△9五歩▲同歩△7四歩▲同歩△9五香と進んで迎えた問題図。

問題図

部分的には棒金の狙い通りのハマり形ですが、ここからのHefeweizenの切り返しとは?

▲9六歩と打つと、端で手に入れた一歩で△7五歩と打たれて一気に敗勢に陥ってしまいます。
問題図

問題図以下の指し手
▲6四角  △同 角
▲9五香  (解答1図)

解答1図

解答1図以下△7五歩には▲9六飛が絶好。△9五同金には▲7三歩成△同角▲6五桂△8四角▲7一銀が一例で、9五の金が泣いています。

本譜は△9七角成としましたが、▲9三香成(解答2図)のタダ捨てがこれまた見事なさばきです。

解答2図

解答2図以下△9三同桂▲7三歩成△7五歩▲8二と△7六歩▲7二と△5一銀▲6五桂(解答3図)と左桂まで綺麗にさばいてしまいました。

解答3図

強烈な終盤の寄せ

本局の終盤戦については以下のツイートに簡単にまとめています。強烈な寄せで、こちらもとても勉強になります。

関連記事

将棋AI

【2020年9月更新】コンピュータ将棋ソフト関連記事まとめ