MENU
カテゴリー
相振り飛車の基礎知識 三間飛車VS四間飛車とは

Hefeweizenの実戦次の一手(2)石田流VS鳥刺し棒金

目次

先手石田流VS鳥刺し棒金

(参照サイト:将棋倶楽部24)

Hefeweizenの先手石田流に対し、後手が角道を開けずに引き角にする鳥刺し戦法を採用し、さらに右金を繰り出し棒金戦法と組み合わせてきた第1図。
第1図

あわせて読みたい
Hefeweizenの三間飛車(7)鳥刺しに刺されないさばき 現在、第30回世界コンピュータ将棋選手権(World Computer Shogi Championship。以下WCSC)の参加者募集が行われています。参加申し込み期限は2020年1月31日(金)です。毎年ゴールデンウィークに行われているWCSC。今回の大きな特徴は、「ライブラリ制度の廃止」でしょう。
あわせて読みたい
石田流の基礎知識 棒金とは 棒金戦法とは、主に石田流三間飛車対策で用いられる、金銀による押さえ込み作戦です。数ある振り飛車戦法の中で石田流は、浮き飛車にして金銀よりも前線に飛車を配置する、特殊な作戦です。ならばその飛車を狙って金銀を盛り上げて押さえ込んでしまおう、というのが棒金の狙いとなります。

7五の地点への双方の駒の利きがすごいことになっています。

棒金の狙い筋に対する切り返しとは?

そして第1図以下△9五歩▲同歩△7四歩▲同歩△9五香と進んで迎えた問題図。

問題図

部分的には棒金の狙い通りのハマり形ですが、ここからのHefeweizenの切り返しとは?

強烈な終盤の寄せ

本局の終盤戦については以下のツイートに簡単にまとめています。強烈な寄せで、こちらもとても勉強になります。

関連記事

あわせて読みたい
【2021年8月更新】コンピュータ将棋ソフト関連記事まとめ コンピュータ将棋ソフトの三間飛車に注目した記事をまとめました。このまとめページへは、PCブラウザなどの大画面ではサイドバー、スマートフォンなどの小画面では画面下の方にあるリンクから、いつでもアクセスすることができます。
この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる