MENU
カテゴリー
相振り飛車の基礎知識 三間飛車VS四間飛車とは

斎藤明日斗新四段、小倉七段の三間飛車穴熊に勝利し白星デビュー 竜王戦

目次

斎藤明日斗四段、プロデビュー

昨年(2017年)12月に行われた、第31期竜王戦6組ランキング戦、小倉久史七段 対 斎藤明日斗四段戦。

棋譜と詳しい解説は、将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます。


齋藤四段は、第61回奨励会三段リーグを突破し新四段となったばかりで、本局がデビュー戦。藤井聡太四段のプロデビューから1年後になります。

藤井四段が2016年12月24日のクリスマスイブに、同じく竜王戦6組で加藤一二三九段戦でプロ公式戦デビューしたのは記憶に新しいところです。

三間飛車穴熊 対 銀冠穴熊

小倉七段は、「下町流三間飛車」「三間飛車新時代」の著書でもおなじみの、三間飛車の使い手です。

本局は三間飛車穴熊 対 銀冠穴熊(左美濃からではなく通常の居飛車穴熊から発展)の対抗形となりました(第1図)。

【第1図は△2二金上まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v王|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v金v香|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v角v銀 ・|三
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 金 ・ ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 桂 王|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=0 △2二金上まで

小倉七段は、昨年発売した「三間飛車新時代」の中で三間飛車穴熊を解説しています。7八の飛車を3八に移動して3筋から仕掛けていくのは、三間飛車穴熊の常とう手段のひとつです。

あわせて読みたい
「三間飛車新時代」ひとくちレビュー 「三間飛車新時代」が、ものすごい勢いで売れているそうです。本記事では、この「三間飛車新時代」のひとくちレビューをお送りします。第1章「▲4六銀型石田流」(第1図)、第2章「急戦向かい飛車」(第2図)、第3章「三間飛車穴熊」が小倉久史七段の執筆。第4章「△5筋不突き穴熊 対 ▲トマホーク戦法」(第3図)、第5章「△5四歩型 対 ▲5六銀揺さぶり」、第6章「流行の△3一玉型左美濃」(第4図)が山本博志三段の執筆となります。

と金攻め

実戦は第1図以下▲7四歩△同飛(△同歩は▲3四銀)▲7二歩!△9四歩▲7一歩成△9三桂▲7二と!(第2図)と進行。

【第2図は▲7二とまで】
後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v王|一
| ・ ・ と ・ ・v銀v金v金v香|二
|v桂 ・v歩v歩v歩v歩v角v銀 ・|三
|v歩 ・v飛 ・ ・ ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 金 ・ ・ 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 桂 王|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 ▲7二とまで

最後の△7二とがこの場合の好手で、香を取りにいくよりも居飛穴の方へ進出を狙う方が勝ります。

この辺りでは振り飛車良しで両者の見解は一致しましたが、この後ゆっくりしていられない齋藤四段の決死の仕掛けに対し、小倉七段が受け間違い、そのまま後手の勝利となりました。

この記事を気に入ったらシェアしよう
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる