矢倉

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第3節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 本編 その1

本編では、まず初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△3五歩に対する5手目について考えていきます。先手は▲7六歩と突くことができない(角交換から△4五角と打たれる)ため、2七か6七の地点をケアする意味で、①▲3八玉、②▲2八銀、③▲5八金の3つが有力手として挙げられます。

本レビュー

「菅井ノート 相振り編」ひとくちレビュー

「菅井ノート 相振り編」を購入しました。ひとくちレビューをお送りします。菅井ノート 先手編、後手編、そして実戦編に続く第4弾が、この相振り編です。「本書を執筆し始めた頃は、まだ王位リーグを戦っている最中」(あとがきより)であり、その後王位のタイトル獲得当日に将棋情報局編集部による本書のリリースが発表され、そして2017年10月の発売と、忙しくかつノリに乗っている最中に執筆・発売されたのが本書です。

相三間飛車相振り飛車

相振り飛車 左銀進出型 その2

前回同様、▲HAHAHAHAHA六段VS△某六段戦より。第1図は前回の第1図と似たような局面ですが、別の棋譜です。後手は矢倉を目指してきます。後手が矢倉形のときはこんな感じになります。この局面をどう見るかですが、とりあえず棒銀をいつでも狙える体制を整え、先手らしく主導権を握っていると言えると思います。