相三間飛車

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第3節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 本編 その1

本編では、まず初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△3五歩に対する5手目について考えていきます。先手は▲7六歩と突くことができない(角交換から△4五角と打たれる)ため、2七か6七の地点をケアする意味で、①▲3八玉、②▲2八銀、③▲5八金の3つが有力手として挙げられます。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第2節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 序盤の注意点 その1

第1図は、後手が相三間飛車を目指して△3五歩と突いてきたところです。猫だまし戦法に対して、相手が振り飛車党の方の場合、相三間飛車にしてくることが多いように思います。また、第1章・第2節の実践例のように、初手▲7八飛の挑発に怒った居飛車党がこうしてくるケースもあるようです。第1図で▲7六歩と突いてはいけません。参考1図のように、角交換から△4五角とされると角成りが受からないからです。