右四間飛車

右四間飛車VS急戦&右四間

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その6

前回の第2図から、本筋の△4五角ではなく△5四角と打って迎えた第1図。△7六銀と出られるようにした一手で、▲同銀△同角から△6七歩成(または△6七銀打、△5八角成〜△6七銀打など)で6筋から殺到する狙いがあります。これに対しては2つの対応方針があり、どちらでも振り飛車が十分に戦えます。

右四間飛車VS急戦&右四間

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その3

前回の第1図から▲6五同歩△同銀と進んでむかえた第1図。正着の前に、失敗例をいくつか説明します。まず角交換せずに▲7七銀と上がってしまっては、さすがに先手凝り形です。解説も不要でしょう。続いて、▲6七歩はあやまりすぎ。△8八角成▲同飛△7六銀で歩損となり、苦しそうです。

右四間飛車VS急戦&右四間

VS右四間かんたん講座 第3章・第1節 基本形までの指し手 その1

この第3章では、VS右四間飛車の基本形である、「VS急戦」(参考1図)について説明します。いきなり参考1図からはじめる前に、この図までの手順について説明しておきます。図までの道中には、先手の駒組みの順番および様々なタイミングでの△6五歩の変化などがあり、変化手順は多岐におよぶためです。