初手▲7八飛戦法

NEWSVS居飛穴&持久戦

西山朋佳奨励会三段、ノーマル三間飛車で快勝 マイナビ女子オープン

1勝1敗でむかえた第3局。先手・西山朋佳奨励会三段は、意表の猫だまし戦法(初手▲7八飛戦法)を採用しました。西山奨励会三段が女流棋戦で初手▲7八飛を指すのは本局がはじめてです。初手▲7八飛自体は最近プロ棋界の振り飛車党の間で流行している初手であり、奇をてらった手ではありませんが、はじめての採用という点で加藤桃子女王は意表を突かれたことでしょう。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第3節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 本編 その1

本編では、まず初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△3五歩に対する5手目について考えていきます。先手は▲7六歩と突くことができない(角交換から△4五角と打たれる)ため、2七か6七の地点をケアする意味で、①▲3八玉、②▲2八銀、③▲5八金の3つが有力手として挙げられます。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第2節 対2手目△3四歩・相三間飛車型 序盤の注意点 その1

第1図は、後手が相三間飛車を目指して△3五歩と突いてきたところです。猫だまし戦法に対して、相手が振り飛車党の方の場合、相三間飛車にしてくることが多いように思います。また、第1章・第2節の実践例のように、初手▲7八飛の挑発に怒った居飛車党がこうしてくるケースもあるようです。第1図で▲7六歩と突いてはいけません。参考1図のように、角交換から△4五角とされると角成りが受からないからです。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第1節 対2手目△3四歩・相振り飛車型 概要説明

第4章では、第3章第1節の概要説明でも述べたように、初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉に対し△3五歩または△3三角として、相振り飛車となる展開について説明します。具体的には、「相三間飛車型」(第1図)、「VS陽動居飛車型」(第2図)、△3三角からの「VS向かい飛車型」(第3図) の3つの戦型に分けて説明していきます。

猫だまし戦法猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第3章・第4節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 △8五歩保留型

△8五飛車先保留型とは、第3章第1節その2で述べたように、初手から▲7八飛△3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉のところで△8五歩と突いてこない形のことです。この場合、振り飛車側の指し手の自由度が格段に上がります。例えば△8五歩の代わりに△6二銀(第1図)の場合について、一例を紹介します。

猫だまし戦法猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第3章・第3節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲8八飛の変化 その2

前回の第2図から③△3三角(今回第1図)としてきた場合について説明します。これに対し▲6六角と合わせるのは、△同角▲同歩から△8八角と打たれると案外難しい気がします。▲7七角の合わせでも同様です。そこで、▲6六歩と突いて受けられるのが▲6八飛型の利点です(なお、7五歩と伸びている形では△6六同飛と取られてしまいます)。

猫だまし戦法猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第3章・第3節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲8八飛の変化 その1

本節では、前々節第3図から▲8八飛(本節第1図)とした場合について説明します。この飛車ぶつけのほうが、前節で説明した▲7七角よりも勝ると私は考えています。これに対し、△8八同飛成とした場合については本節の最後に述べます。本譜は、後手が△8七歩と飛車交換を避けてきた場合です。

猫だまし戦法猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第3章・第2節 対2手目△3四歩・VS居飛車型 ▲7七角の変化

本節では、前節第3図から▲7七角(本節第1図)とした場合について解説します。▲7七角に対し、後手は2二の銀を守る△8二飛の一手。続いて▲8四歩と垂らして歩成を狙います。△3三桂のところは△3三銀もありますが、▲3三角成から▲8三銀と攻めてくる筋が見えているため、居飛車側にとってはやや気が進まないか。