初手▲7八飛戦法

猫だまし戦法猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 あとがき 後手番猫だまし戦法は成立するのか?

※この記事は、2004年に書いた記事に加筆修正を加えたものです。2018年現在では当たり前の後手番猫だまし戦法(2手目△3二飛戦法)ですが、2004年当時は「ありえない戦法」と考えられていました。今の認識で読むと、当時書いた文章はおかしな内容になっていますが、あえてそのままとしています。また、2008年に2手目△3二飛戦法が現れたときに追記した興奮気味の文章も、その衝撃が伝わってくる当時のままとしています。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第5節 対2手目△3四歩・VS向かい飛車型 その3

「読みの技法」は、優越の判断が難しい25のテーマ局面を用いて、羽生善治・佐藤康光・森内俊之という大先生方が、そこからの読み筋・構想を披露するという形式で編集された棋書です。第1図は、本棋書のテーマ2図。前回の第5図とは先後も形も若干違いますが、構想的にはほぼ同じです。第1図の形勢をどう見るか?興味深いことに、佐藤先生・森内先生はやや後手持ち、羽生先生はやや先手持ちとのこと。それほど難しい局面なのです。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第5節 対2手目△3四歩・VS向かい飛車型 その2

前回の第4図から、後手が△2五歩と突いてむかえた第1図。5筋の位を取ります。一見伸びすぎで、△5四歩から位を奪回されそうですが、8八にいる角の支えがあるので大丈夫です。ここでひとつのポイントが、先手の飛車の位置。もし▲7六飛という浮き飛車の形だと、△4五歩~△5四歩などから暴れられる可能性がありますが、▲7八飛の形だと8八の角にひもがついているので、基本的に▲同歩で問題ありません。

猫だまし猫だまし&角交換三間

猫だまし戦法講座 第4章・第4節 対2手目△3四歩・VS陽動居飛車型 その3

第67期王将戦七番勝負第5局・▲久保利明王将 対 △豊島将之八段戦で、後手の早めの△3五歩をとがめにいった相振り飛車戦が現れました。この将棋は初手▲7八飛ではなく、3手目▲6八飛からの角道オープン四間飛車の出だしではありますが、△3五歩をとがめにいく構想が参考になると思うので紹介します。