ニュース

トマホークVS居飛穴&持久戦

久保九段、マッスルトマホークで豊島名人に挑むも敗北 王将戦

藤井聡太七段以外は全員順位戦A級以上、という大注目の第69期王将戦挑戦者決定リーグが現在進行中です。リーグ戦メンバーのうち唯一の振り飛車党が、言わずと知れた久保利明九段。9/18に行われた王将リーグの開幕局、▲久保九段 対 △豊島将之名人で、先手・久保九段は角道を止めるノーマル三間飛車を採用しました。

うっかり三間飛車VS居飛穴&持久戦

先崎九段、うっかり三間飛車からの相穴熊で船江六段に勝利 順位戦

2019年9月3日に行われた順位戦C級1組、▲先崎学九段 対 △船江恒平六段戦。昇級候補の強豪・船江六段相手に、先崎九段は初手▲5六歩と突いて中飛車で戦う意向を見せました。・・・と思いきや、以下△8四歩▲7六歩△6二銀▲1六歩△1四歩のところで、5筋を通り越して▲7八飛!

立石流VS居飛穴&持久戦

久保九段、立石流で藤井聡太七段に勝利 NHK杯

第69回NHK杯テレビ将棋トーナメント、▲久保利明九段 対 △藤井聡太七段戦。もともと藤井七段の先手番でしたが、居飛車対ノーマル四間飛車の序盤から角交換後銀冠に組み合う将棋となり、双方仕掛けることができず千日手に。そして千日手指し直し局でも久保九段はノーマル四間飛車を採用しました。

猫だまし戦法ニュース

藤井猛九段の初手▲7八飛 VS 戸辺七段の2手目△3二飛 順位戦

2019年8月21日に行われた順位戦B級2組、▲藤井猛九段 対 △戸辺誠七段戦。振り飛車党同士の屈指の好カードとなった本局にて藤井九段は、初手▲7八飛戦法を採用しました。藤井九段の初手▲7八飛戦法といえば、3月に行われた第67期王座戦二次予選、対△松尾歩八段戦で初採用し、かつ意欲的な新手を披露したことが思い出されます。

本ニュース

三間党注目「角交換相振り飛車 徹底ガイド」2019年9月発売

2019年9月に、角交換するタイプの相振り飛車の棋書「角交換相振り飛車 徹底ガイド」が発売されることがわかりました。著者は、「相振り革命」シリーズなどの相振り飛車の棋書でおなじみの杉本昌隆八段です。最近では、杉本八段が順位戦C級1組で昇級した一方、弟子の藤井聡太七段が頭ハネで昇級を逃したことでも話題を集めました。

棒金ニュース

戸辺七段、石田流本組みで青野九段の棒金に快勝 朝日杯

2019年8月15日に行われた朝日杯将棋オープン戦一次予選、▲戸辺誠七段 対 △青野照市九段戦。先手番となった戸辺七段は、初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩以下、石田流を採用。対する後手・青野九段は4手目△4二玉から棒金を採用しました。左美濃ではなく棒金を採用するあたり、さすがA級在籍通算11期を誇る昭和の名棋士だなぁと感じます。