VS右四間かんたん講座 第3章・第3節 ▲9八角以下の構想 その2

右四間飛車 VS急戦&右四間

②△7四歩の変化

第1図は、前回の第2図(▲9八角と打った局面)以下②△7四歩としてきた局面。

【第1図は28手目△7四歩まで】
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩 ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| 角 ・ ・ 飛 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=28 △7四歩まで

本筋の③△3五歩の変化のところで出てきますが、9八の角はこのあと▲8六歩〜▲7五歩と突いて角道を通すことで活きてきます。この▲7五歩を事前に防いでおこう、というのが②△7四歩の意図です。

これに対しては強く戦います。

第1図以下の指し手
▲4六歩  △5四角
▲8六歩  △7三桂
▲6七歩  △同 歩
▲同 金  △6六歩
▲同 金  △同 銀
▲同 銀  (第2図)

【第2図は39手目▲6六同銀まで】
後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v角 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| 角 ・ ・ 飛 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=39 ▲6六同銀まで

意外な6筋からの逆襲

次に△3五歩と突かれて△3四角と引かれる展開になると角に威張られて厄介なので、▲4六歩は真っ先に突いておきたいところ。そのあと、▲6七歩と合わせて後手の勢力が強い6筋から動いていくのが見えにくい構想です。

△7三桂と跳ねて6筋をさらに手厚くされていますが、6五の地点は争点ではないので、意外にも桂が効いてきません。

第2図となって、後手から△8八金や△7八金があって先手ダメとしたものですが、これまた意外なことに踏み止まることができます。後手が歩切れなのがポイントです。

自分で書いておきながら「意外」とあえて表現したのは、この変化をコンピュータ将棋ソフトに教えてもらい、この記事をはじめに書いた2004年〜2007年当時のものから加筆・修正しているからです。

当時独力で研究したときには▲6七歩の合わせは見えておらず、別の変化を解説していました。

△8八金には

まず第2図から△8八金と角取りに打たれると、▲同飛では飛車がそっぽに行かされるうえ△6六飛と悠々進出され(以下▲6八歩には△7九銀)、先手がまずいようですが、切り返しがあります。

第2図以下の指し手(1)
      △8八金
▲6三歩! △同 飛
▲6四歩  △同 飛
▲5五銀打!(第3図)

【第3図は45手目▲5五銀打まで】
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v飛v角 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| 角v金 ・ 飛 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=45 ▲5五銀打まで

手筋の歩のたたき

実は△8八金に対し▲同飛△6六飛▲5五銀と進めても先手良し(+1000点以上)なのですが、竜を作られて人情としては気持ち悪いところがあります。

歩のたたきの連打のほうが、他の場面にも応用が効く覚えておきたい実戦手筋です。

▲5五銀打で6六銀にひもを付ければ、飛車を逃げる手には▲8八飛と金を取ってもちろん先手必勝形。△6六飛にも▲同飛と取って大優勢です(+1000点以上)。

よくよく考えると、△9八金と取られても▲同香で角金交換程度であり、遊んでいる角がさばけるのでさほど痛くありません。

△7八金には

第2図以下△7八金と打たれるのも一見怖い変化ですが、これも大丈夫です。

第2図以下の指し手(2)
      △7八金  
▲同 飛  △6六飛
▲6八歩  (第4図)

【第4図は43手目▲6八歩まで】
後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v角 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩v飛 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| 角 ・ 飛 歩 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
手数=43 ▲6八歩まで

歩切れがたたる後手

△7八金にはあっさり▲同飛と取ってしまい、△6六飛には▲6八歩とおさめておきます。△8八金▲同飛△6六飛▲6八歩の場合は△7九銀で壊滅でしたが、7八に飛車がいるのでこの筋がありません。後手に一歩あれば△6七歩の合わせが厳しそうですが、無い袖は振れません。

第4図では▲5五銀があるので△6二飛と引くくらいですが、それでも▲5五銀〜▲6四金などの筋で後手の飛車角を圧迫したあとの▲7五歩が、先手の飛車と角がいっぺんに働き出す絶品すぎる一手で、気分的にも評価値的(+1000点)にも先手大優勢です。

以上で②△7四歩の変化の説明を終わります。
次回からは、本筋の③△3五歩以下の展開について説明します。

次回

右四間飛車

VS右四間かんたん講座 第3章・第3節 ▲9八角以下の構想 その3

2019年11月14日

目次

右四間飛車

【目次】VS右四間かんたん講座

2018年10月25日