VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その9

右四間飛車 VS急戦&右四間

②△9二飛の変化

前回の第2図から、②△9二飛として迎えた第1図。

【第1図は28手目△9二角まで】
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・v王 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=28 △9二飛まで

①△8二飛のときに効果的だった▲7一銀(▲7一角)の絡みが空振りしてしまう②△9二飛。ですが、コンピュータ将棋ソフトに解析させると△9二飛の後△8二飛と振り戻そうとするくらいなので(笑)、恐れる必要はありません。

8三の地点を狙う

△9二飛には、浮いている8三の地点を狙うのが効果的です。具体的には、じっと▲4六歩(第2図)が気付きにくい好手です。

【第2図は29手目▲4六歩まで】
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・v王 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=29 ▲4六歩まで

△4五角を防ぎつつ▲4七角!を狙っており、銀取りと▲8三角成両方を防ぐことが困難になっています。

第2図以下△8二飛として▲8三角成を受けるようでは一手損です。前回説明した攻めを仕掛けても良いでしょう。

△7二金には▲4七角△5四銀に▲6二歩成(参考1図)が好手。

【参考1図は33手目▲6二歩成まで】
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v飛 ・v金 と ・ ・v王 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 角 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=33 ▲6二歩成まで

△同金だと8三の地点に再び隙ができてしまいます。まさか△8二金と寄って逃げるわけにもいきません。なお▲4七角に対し△5四銀のところ△7四銀でも▲6二歩成△同金▲7五歩で同様です。

戻って第2図以下△5四銀と撤退する手には、▲4七角とせず▲6六銀(参考2図)と悠々進出して先手に怖いところがなくなります。

【参考2図は31手目▲6六銀まで】
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・v王 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=31 ▲6六銀まで

以上で、②△9二飛の変化の説明を終わります。

次回は、前回の第2図から③△6三同飛と取る変化について説明します。

次回

右四間飛車

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その10

2019年10月1日

目次

右四間飛車

【目次】VS右四間かんたん講座

2018年10月25日