山本博志四段、角交換三間からの筋違い角で鈴木肇アマのエルモ囲いを攻略 叡王戦

ニュース ニュース

プロアマ戦

2019年7月27日に行われた第5期叡王戦段位別予選四段戦、▲山本博志四段 対 △鈴木肇アマ戦。
本局の棋譜は、叡王戦のWebサイトで観ることができます。

元奨励会三段の鈴木肇アマは、桐山隆アマ竜王、森村賢平アマ王将、小山怜央赤旗名人、そして鈴木肇アマ名人の4人で争われたアマチュア代表決定戦を勝ち抜いて、叡王戦の四段戦予選に登場となりました。
対する山本四段は、このブログではもはや説明不要でしょうが、昨年秋にプロ四段に昇段した三間飛車党の先生です。
三間飛車

山本博志三段、四段昇段 奨励会三段リーグ

2018年9月2日

角交換三間飛車からの向かい飛車

先手番となった山本四段の初手は、やはり▲7八飛。以下しばらく角道オープンのまま駒組みが進みました(第1図)。

【第1図は13手目▲7七角まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・v王 ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ 飛 銀 ・ ・ 王 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=13 ▲7七角まで

後手番の鈴木アマは、ここで△7七同角成と角交換を決行。以下▲7七同銀から8筋に飛車を振り直す展開となりました。

縦横無尽?の筋違い角

25手目、チャンスとみた山本四段が▲4五角と筋違い角を放ちます。

以下この角は▲3四角と後手の玉頭の歩を歩を取った後、2五→4七→2五→6一(角成)→4三→5四→4五と盤上を動き回り、斜めの動きなのでふさわしい表現かはわかりませんが、縦横無尽の活躍を見せました。

角交換型エルモ囲い

対する鈴木アマは、山本四段の角が3四→2五→4七と動き回っている辺りで△4二銀から△3一金と今流行りのエルモ囲いに構えました。

エルモ囲いは角交換しないノーマル振り飛車に対してよく採用されている印象がありますが、最近では角交換型に対しても場合によっては有力と見られているようです。

山本四段、エルモ囲いを攻略し快勝

終盤、山本四段は4五の地点で馬を見捨て、取られている間にエルモ囲いの要である3一の金の捕獲に成功。

以下飛車も切り飛ばしてさばき、獲得した金銀を活用して攻め切り、快勝しました。

「昨日の敵は今日の友」とばかりに、山本四段は鈴木アマが開催する「はじめ将棋合宿」のお手伝いをするそうです。素晴らしい合宿になることをお祈りします。

参考:評価値グラフ

※棋譜解析エンジン / 評価関数:
 YaneuraOu NNUE 4.88 / 振電改