VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その5

右四間飛車 VS急戦&右四間

本筋の△6六歩

第1図は、前々回の第2図から本筋の③△6六歩とした局面です。

【第1図は24手目△6六歩まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ 金 ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=24 △6六歩まで

本ケースでは本筋でない▲6八歩

ここから、その2の第2図~第3図と同様▲6八歩と低く受けたあと8筋に展開して戦う構想(参考1図)も考えられます。

【参考1図は29手目▲8八飛まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・v金v王 ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ 歩 金 ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=29 ▲8八飛まで

しかし、その2の第2図~第3図の展開に比べ参考1図は先手の手が遅れています。先手から角交換しているため、後手の銀が手順に2二に進めていることと、逆に先手の飛車は7八から8八へ手順に動けていないからです。

そのため、▲6八歩よりも飛車を回る手のほうが勝ります。

第1図以下の指し手
▲6八飛  (第2図)

【第2図は25手目▲6八飛まで】
後手の持駒:角 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=25 ▲6八飛まで

本筋の△4五角▲9八角の前に

第2図からは△4五角と打つのが本筋で、それに対し▲9八角(参考2図)と打ち返すのが習いある手筋です。

【参考2図は27手目▲9八角まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v王v銀 ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v銀 ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| 角 ・ ・ 飛 金 ・ 銀 王 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=27 ▲9八角まで

この進行については第3節で説明することにし、その前に第2図から△5四角と打って△7六銀を狙う変化と、先手陣を押し込んだことに満足して△3三銀と手を戻す変化について説明しておきます。

まずは△5四角と打ってくる変化について説明します。次回に続きます。

次回

右四間飛車

VS右四間かんたん講座 第3章・第2節 ▲9八角までの指し手 その6

2019年8月9日

目次

右四間飛車

【目次】VS右四間かんたん講座

2018年10月25日