西山朋佳女王、全局三間飛車でタイトル防衛 マイナビ女子オープン

女流棋士 VS急戦&右四間

ノーマル三間飛車、ふたたび

2019年5月22日に行われた第12期マイナビ女子オープン五番勝負第4局、▲里見香奈女流四冠 対 △西山朋佳女王戦。

棋譜と詳しい解説は、マイナビ女子オープンのサイトか将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます。

これまでの対局を振り返ると、五番勝負第1局は先手・西山女王の初手▲7八飛戦法からの力戦相振り飛車(第1図)で西山女王の勝利。

【第1図は31手目▲3六歩まで】
後手の持駒:歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩 ・v銀 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩v銀v角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|五
| ・ ・ 飛 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 王 金 銀 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=31 ▲3六歩まで

第2局は後手・西山女王のノーマル三間飛車(第2図)で、西山女王が連勝。

【第2図は41手目▲6八金右まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 銀 ・ 桂 ・ ・|七
| 王 角 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=41 ▲6八金右まで
NEWS

西山女王、ダイヤモンド美濃で里見女流四冠の米長玉を破り防衛に王手 マイナビ女子オープン

2019年4月22日
第3局は先手・西山女王がふたたび初手▲7八飛戦法を採用し、相居飛車戦の角換わり戦法のような角交換相振り飛車の戦い(第3図)を里見女流四冠が制していました。

【第3図は48手目△7三銀まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・v王v金 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・v歩v銀v歩 ・v歩v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v銀v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 桂 銀 歩 歩 銀 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 金 王 ・ 金 ・ ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=48 △7三銀まで
NEWS

里見香奈女流四冠、相振り角換わりを制し1勝返す マイナビ女子オープン

2019年5月20日
そして迎えたこの第4局。先手・里見女流四冠が4手目▲2六歩と居飛車を明示したのに対し、西山女王は角道を止めて三間飛車に。第2局に続き、▲居飛車VS△ノーマル三間飛車の戦いとなりました(第4図)。

【第4図は21手目▲4六歩まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v王v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・v飛 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩v銀v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=21 ▲4六歩まで

▲4五歩早仕掛けVS曲線的な受け

ただし、第2局が第2図の通りじっくりとした持久戦になったのに対し、第4局では先手・里見女流四冠が急戦を仕掛けていったのが大きな違いです。第4図以下、△4二飛▲3七桂△8二玉▲4五歩△3二金と進行しました(第5図)。

【第5図は26手目△3二金まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・ ・v飛v金 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩v銀v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=26 △3二金まで

第4図からはいろいろな変化がありますが、仕掛けられる前に△4二飛と回り、▲4五歩の仕掛けに対し△3二金と受ける指し回しは、どちらかというと現代的な手順と言えるでしょう。

昭和後期の定跡書では、芸術作品とも表現できる、△5二金左型の美しい三枚美濃囲い(ただし△7二銀の一手は間に合わないことあり)が構築された上での華麗な斬り合いの定跡手順の解説が主でした。
昭和の急戦定跡書

▲4五歩早仕掛け

VS急戦の基礎知識 ▲4五歩早仕掛けとは

2018年10月8日
▲5七銀左型急戦

VS急戦の基礎知識 ▲5七銀左型急戦とは

2018年9月24日
一方で、近年では振り飛車における△3二金型の評価が中飛車を中心として高まっていることもあり、急戦に対し△3二金型で受けることに対する抵抗が減ってきていると言えます。

とりわけ「三間飛車藤井システム」では、対急戦で玉を囲い切る前に一気に攻めつぶされてはまずいので、△3二金型でしっかり受け止めて局面を落ち着かせる構想がシステムに組み込まれています。詳しくは「緩急自在の新戦法!三間飛車藤井システム」(佐藤和俊六段 著)の第2章・対急戦編を参照ください。

佐藤 和俊 (著) 発売日:2018/9/12
三間飛車藤井システム

VS居飛車穴熊の基礎知識 三間飛車藤井システムとは

2019年3月17日

西山女王、防衛

第5図以下、△3二金型ではあるものの里見女流四冠は飛車・角・桂・歩の巧みな技で速攻を仕掛け、優勢に。

しかしポイントととなったのが第6図。

【第6図は62手目△4五桂まで】
後手の持駒:桂 歩三 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v王v銀 ・v歩v飛v金 歩 ・|二
|v香v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v桂 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 角 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 王 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・v飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=62 △4五桂まで

ここで▲4六銀と立った手がまずかったらしく、形勢逆転。後手・西山女王の攻めが筋に入りだし、96手で西山女王の勝ちとなりました。

この結果、対戦成績3勝1敗となり、西山女王がタイトル防衛を果たしました。西山女王が先手番となった2局は初手▲7八飛、後手番となった2局は対抗形でノーマル三間飛車。全局三間飛車を採用しての見事な防衛でした。おめでとうございます。