里見香奈女流四冠、相振り角換わりを制し1勝返す マイナビ女子オープン

NEWS ニュース

西山女王、2度目の初手▲7八飛戦法

2019年5月14日に行われた第12期マイナビ女子オープン五番勝負第3局、▲西山朋佳女王 対 △里見香奈女流四冠戦。

棋譜と詳しい解説は、マイナビ女子オープンのサイトか将棋連盟ライブ中継アプリで観ることができます。

女流棋界を代表する振り飛車党2人によるこのタイトル戦は、これまでのところ初戦は先手・西山女王の初手▲7八飛戦法からの力戦相振り飛車(第1図)、第2局は後手・西山女王のノーマル三間飛車(第2図)で、いずれも西山女王が勝利。

【第1図は31手目▲3六歩まで】
後手の持駒:歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v王v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩 ・v銀 ・v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩v銀v角v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|五
| ・ ・ 飛 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 王 金 銀 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=31 ▲3六歩まで
【第2図は41手目▲6八金右まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 銀 ・ 桂 ・ ・|七
| 王 角 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=41 ▲6八金右まで
NEWS

西山女王、ダイヤモンド美濃で里見女流四冠の米長玉を破り防衛に王手 マイナビ女子オープン

2019年4月22日

そして迎えた第3局。西山女王の初手は、第1局と同じく▲7八飛でした。以下、△5四歩▲7六歩△4二銀▲6八銀△5三銀と進行(第3図)。

【第3図は6手目△5三銀まで】
後手の持駒:なし
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 飛 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=6 △5三銀まで

ここまでは第1局と同じです。以下、第1局では▲6六歩でしたが本譜は▲4八玉とし、前例を離れました。

角換わりの左右反転形へ

その後、先手の角道オープン型に対し後手から角交換し、角交換相振り飛車に。さらにしばらく進んで第4図となりました。

【第4図は48手目△7三銀まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・v王v金 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・v歩v銀v歩 ・v歩v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v銀v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 桂 銀 歩 歩 銀 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 金 王 ・ 金 ・ ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=48 △7三銀まで

まるで相居飛車の角換わり戦法のようです。試しに第4図を左右反転させると、参考1図のようになります。

【参考1図は△3三銀まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v金v王 ・ ・|二
| ・ ・v桂v歩 ・v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 王 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=0 △3三銀まで

簡易的な矢倉の骨格(▲7七銀+▲7八金)にプラスしてバランス重視で中住まいに構える布陣は、今風の角換わりの布陣と言えるでしょう。
ちなみに、角換わりにおける▲7八玉型(△3二玉型)は先手番の方が多いので、さらに180°回転させると参考2図のようになります。

【参考2図は▲7七銀まで】
後手の持駒:角 歩 
 9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v王 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 王 金 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=0 ▲7七銀まで

多様化する序盤戦術

相居飛車系の将棋が嫌だから、と振り飛車を好む方もいるかもしれませんが、コンピュータ将棋による新しい価値観(評価関数)の登場により、バランスさえ保てば序中盤は意外になんでもありということがわかってきた昨今、相振り飛車戦で本譜のように相居飛車の角換わりのような布陣を相手が敷いてくることも想定しなければなりません。

常に相手に合わせて居飛車VS振り飛車の対抗形を狙うのも難しく、戦法の多様化により大変な、いや、序盤からやりがいのある時代になったものです。

里見女流四冠、1勝を返す

本譜は第4図以下、西山女王の攻めを里見女流四冠が的確に受け止め、そのまま盤石の内容で勝利。1勝を返しました。

第4局で決着が付くか、はたまた里見女流四冠がタイに持ち込んで最終局にもつれ込むか、目が離せません。

関連記事

BOOK

将棋世界2018年8月号の特集は「角交換相振り飛車」

2018年6月18日