あぴまる流将棋定跡シリーズ 今日から捌ける三間飛車①② ひとくちレビュー

本
VS急戦&右四間

三間飛車の棋書、売上絶好調

2019年に入り、三間飛車関連の棋書の発売ラッシュが続いています。今月(2019年3月)はマイナビ出版から「振り飛車の新機軸!初手▲7八飛戦法」「次の一手で覚える 三間飛車定跡コレクション414」が発売になりました。

先日Amazonの棋書全体ランキングを確認したところ、この2冊の書籍版とKindle版でなんと上位4位を独占。また、Kindle棋書に限った売上ランキングでも、下図の通り上位5冊のうちこの2冊を含む4冊が三間飛車関連本でした。

あぴまる流①②

ここで、多くの方が不思議に思うことでしょう。「4位と5位の「あぴまる流」ってなんだ?」と。

本記事では、この2冊のひとくちレビューをお送りします。

あぴまる流とは

あぴまる流将棋定跡シリーズ 今日から捌ける三間飛車「①ノーマル三間飛車vs.居飛車早仕掛け」「②ノーマル三間飛車vs.▲4五歩急戦」は、アマチュア三間飛車党のしめりけさんがリリースしているKindle棋書で、Amazonで販売されています。

なお、2019年時点で「あぴまる流将棋奇襲シリーズ①~今日から使える台パン戦法~①アヒル戦法②▲7七飛戦法」というKindle棋書もリリースされています(こちらはいはてんさんと共著)。

「あぴまる流」とは、しめりけさんが自身の三間飛車の流儀に対して名付けた愛称です。

次の一手問題形式で、各問題にはヒントも載っています。アマチュアの方の棋書であるため中身が心配になりますが、後述の通り問題も解説も本格的です。

表紙と中身のデザインは、一般的な出版社の棋書に比べてとてもユニークで、好みが分かれるかもしれません。

ひとつのページ内に縦読みの文章と横読みの文章を含む斬新なレイアウトで、先に読むべき文章がページ毎に入れ替わることがあり、やや読みにくい時があります。

①ノーマル三間飛車vs.居飛車早仕掛け

まず「①ノーマル三間飛車vs.居飛車早仕掛け」は、第1図と第2図をテーマ図としています。

【第1図は▲4五歩まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王 ・ ・v金v銀v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 ▲4五歩まで
【第2図は△5四歩まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・v金v銀v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 △5四歩まで

第1図は、本ブログで「▲4五歩早仕掛け」と呼んでいる急戦定跡です。

▲4五歩早仕掛け

VS急戦の基礎知識 ▲4五歩早仕掛けとは

2018年10月8日

第2図は、三間飛車側が△2二飛よりも△7二銀と△5四歩を優先した局面で、一般的に三間飛車側が不利と言われています。先日まで放送されていた深浦康市九段によるNHK将棋講座「振り飛車なんてこわくない」の11月号「三間飛車のさばきを封じよう」でも、居飛車側を持って解説されていました。

が、果敢にもこの戦型を三間飛車側を持って解説しています。

NHK将棋講座には載っていない手を解説しており、さらに調べてみた結果、「東大将棋ブックス 三間飛車道場 第3巻 急戦」には載っているものの、そこから進んでこの定跡書で「居飛車良し」とされている局面から本書では新手を披露しています(57ページ目)。

手元のコンピュータ将棋ソフト(やねうら王+elmo)で解析してみたところ、たしかに三間飛車良しでした。コンピュータ将棋ソフトの評価は絶対ではありませんが、一般に知られている定跡の結論が覆っているかもしれず、驚くべきことです。この手順を知るだけでも本書を読む価値があるかもしれません。

②ノーマル三間飛車vs.▲4五歩急戦

続いて「②ノーマル三間飛車vs.▲4五歩急戦」は、第3図をテーマ図としています。

【第3図は△6四歩まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・v金v銀 ・v飛 ・|二
| ・v歩v歩 ・ ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 △6四歩まで

本ブログでは「▲5七銀左型急戦」と呼んでいる急戦定跡です。

▲5七銀左型急戦

VS急戦の基礎知識 ▲5七銀左型急戦とは

2018年9月24日

この定跡は、このあと第4図のように進みます。

【第4図は▲4六銀まで】
後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・v金 ・ ・v飛 ・|二
| ・v歩v歩 ・v銀 ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 王 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 ▲4六銀まで

ここで振り飛車の手段として△5四銀と△5六歩の2つに分かれるのですが、その両方を解説しており、それぞれで「三間飛車道場」や「コーヤン流三間飛車の極意」に載っていない研究手順を披露しています。これら手順も、従来知られている定跡を上回っている可能性が大いにあります。

温故知新の昭和の急戦定跡

昭和の急戦定跡書

人類の叡智が結集した昭和の急戦定跡には、ロマンが詰まっています。が、居飛車穴熊をはじめとする持久戦の隆盛により、過去のものになっていました。

そこに近年強力なコンピュータ将棋ソフトが次々に現れ、後に「elmo囲い」と呼ばれるようになる▲7九金型の新しい船囲いの進化形を発掘しました(参考1図) 。

【参考1図は▲7九金まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v王v銀 ・ ・v銀v飛 ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 王 銀 ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=0 ▲7九金まで

そして現在、この囲いと組み合わせる急戦形に脚光が集まっています。まさに温故知新です。

間もなく平成時代が終わろうとしていますが、今回紹介したあぴまる流のKindle棋書や過去の急戦定跡の棋書を読んで昭和の急戦定跡を学び、それとelmo囲いを組み合わせ、来たる新時代に向けてあなたならではのelmo囲い急戦を生み出すのも面白いのではないでしょうか。

関連記事、関連棋書

エルモ囲い

「対振り飛車の大革命 エルモ囲い急戦」2019年4月発売

2019年3月21日
BOOK

【2019年8月更新】ノーマル三間飛車の棋書、定跡書まとめ

2018年4月23日