VS右四間かんたん講座 第2章・第3節 VS超急戦 いきなり△6五歩・▲8八同銀型 その3

右四間飛車
VS急戦&右四間

②△4五角の変化

第1図は、▲8八同銀に対して②△4五角とした局面。

【第1図は10手目△4五角まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v角 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 銀 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 王 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=10 △4五角まで

この手は、△2七角成、△6七角成、 そして△7八角成の、3つの狙いがあります。かつ、6三の地点に受けを利かせてもいます。

例えば▲3八銀と受けた場合の一例を示します。

第1図以下の指し手(その1)
▲3八銀  △6二飛
▲7七桂  △6七角成 (参考図)

【参考図は14手目△6七角成まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂v馬 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 銀 飛 ・ ・ ・ 銀 ・ ・|八
| 香 ・ ・ 金 王 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=14 △6七角成まで

飛車を取らずに馬を残す△6七角成が、次に△7六馬や△5七馬を見せる嫌らしい手となります。 参考図となっては先手不満だと思います。

手筋▲6四歩

やっかいな手ですが、ここでもやはり手筋でなんとかなりそうです。

第1図以下の指し手(その2)
▲6四歩  △6二飛
▲6八飛  △8九角成
▲5五角  △2二銀
▲6三歩成 △6七桂
▲4八玉  (第2図)

【第2図は19手目▲4八玉まで】
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v王v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・v銀 ・|二
|v歩v歩v歩 とv歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・v桂 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 銀 ・ 飛 ・ 王 ・ ・ ・|八
| 香v馬 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=19 ▲4八玉まで

手筋の「じっと▲6四歩」で、結局前回の第2図と同じ局面となり先手良いでしょう。 ▲5五角のところ、先に▲6三歩成でも良いかもしれません。 なお、▲6四歩に対し△2七角成ならば▲6三角。▲2八飛とぶつけても面白そうです。

以上で「いきなり△6五歩・▲8八同銀型」の変化を終了します。

どれも先手が十分に戦えますし、「▲8八同飛型」よりもシンプルで紛れが無いので、個人的には一番お勧めです。

というわけで、VS超急戦のうちの「いきなり△6五歩型」の説明が終わりました。次の第4節では、銀は7一のまま△6二飛と回ってから△6五歩と突く、「△6二飛型」について説明します。

次回

www.thirdfilerook.jp

目次

www.thirdfilerook.jp